小柄さん集合! 背を高く見せるスタイルアップテクニック

「かっこよく洋服を着こなしたい!」
そう思っても、小柄さんは鏡の前でため息をついてしまうこともあるでしょう。
その気持、よくわかります。何を隠そう筆者も小柄なのです。
今回は小柄さんがスタイルアップするための、あの手この手のテクニックをご紹介します!

小柄さんのためのコーデテク:「ハイウエストのボトムスをはくべし」

ハイウエストのボトムスは小柄さんの味方です。
視線が上にいくため、身長がアップして見えるのはもちろんのこと、ウエストの位置が上がる=足長効果が期待できるのです。
スナップのファッショニスタのように、さりげなくハイウエストになっているデザインを選べば、自然にスタイルアップできますよ。

小柄さんのためのコーデテク:「ベルトを活用するべし」

ベルトは痩せ見えの効果もありますが、小柄さんのスタイルアップにも大いに使えるアイテムです。周囲の視線を上げてくれるので、身長が高く見えるというわけです。
小柄さんの場合だとスナップのコーデよりも、やや上のバストの下あたりにベルトをつけるといいでしょう。
バストラインも強調してくれるので、よりいっそう視線を上にすることができます。

小柄さんのためのコーデテク:「トレンドに関わらずワントーンコーデを活用するべし」

小柄さんがスタイルアップしたい場合、モノトーンコーデも有効です。
上下同じカラーというのは、目の錯覚で縦長のラインが強調して見えるからです。
スナップのように、上下ホワイトのコーデや、同じ理屈でワンピースを着るのもいいですね。
また、ボトムスとシューズの色を合わせる・大胆に露出した足にはヌードカラーのシューズを合わせる、というテクニックも使えますので、ぜひ覚えておいてください。

小柄さんのためのコーデテク:「柄物を着るときは、小さめのプリントの物を選ぶべし」

柄物のアイテムを身につけるときのポイントは、大ぶりなモチーフを選ばないということ。
小柄さんが選ぶべきは、スナップのファッショニスタの着ているカーディガンような、小さめプリントのものです。
大きな花や水玉ではなく、小さな花や水玉を。
太いボーダーやストライプではなく、細いボーダーやストライプを。
人間の目は、周囲とのバランスで物の大きさを判断します。
「柄が小さい=背が高い・身体が大きい」と錯覚してくれるんですね。

小柄さんのためのコーデテク5:「首周りの小物を活用するべし」

小柄さんのスタイルアップのためには、周囲の目線を上に集めるのがポイント。服装だけではなく、首周りの小物を活用することでも、視線を上げることができます。
たとえば、スナップのような大きめのビジューネックレス。ファッションのポイントが上にあるので、自然にスタイルアップ!
同じ理屈で、首周りに巻くカーディガンや、ストールでもOKです。

いかがでしたか。
どれか一つだけ試してみるのもいいですが、一度に複数のテクニックを使えば、スタイルアップ効果をしっかり実感することができると思います。
小柄なのをカバーしてくれるのもファッション!
小柄なことにくよくよせず、とことん楽しんじゃいましょうね♪

The following two tabs change content below.

みずしま

着付け師の母のもとで育ち、和装・洋装問わずコーディネートの面白さに目覚める。大学院を終えたのち、おカタイ職業に就いたものの、「おしゃれな格好が出来ないこと」が想像以上のストレスとなり退職。現在は学生時代から続けているライター業で生計を立てている。普段から和装をする機会も多く、そのこともあってかシンプルな形の中に小物や色味でメリハリをきかせたコーディネートが得意。趣味は観劇で、特に歌舞伎の鑑賞はライフワーク。観劇中もついつい衣装に目がいってしまうのはご愛嬌。