レギンスパンツで細見え効果♪ すっきりボトムでコーデを引き締める

足をほっそり見せるパンツの中でもおすすめなのが”レギンスパンツ”です。
ぴったりとしたラインのレギパンは、ボトムラインをすっきり見せ、ボリュームのあるトップスとの相性がバツグン。引き締めカラーの黒などのレギパンを選べば、さらに美脚&細見え効果をアップさせてくれます。
今回は、レギパンを使ったシンプルコーデをご紹介します♪

シャツワンピースはレギンスを合わせて、こなれ感を演出♪

デニムのシャツワンピースと黒のレギンス、赤のスニーカーのコーデです。
チュニック丈のシャツワンピースは、一枚で着るには丈が短すぎるアイテム。ガウチョパンツなどボリュームのあるボトムを合わせてしまうと、全体のシルエットが大きくなり、ぼんやりしたコーデになってしまいます。
中途半端丈のワンピースには、ぴったりとしたレギンスを合わせることで、すっきり着こなすことができます。
赤のスニーカーが差し色になった、遊び心のある大人コーデですね!

チェックのレギパンは、白のパフスリーブのプルオーバーを合わせてすっきりと着こなす♪

白のプルオーバーにチェックのレギパンのコーデです。
こちらのスナップのように一見コットン地に見えるレギパンは、見た目以上に伸縮性のあるものが多く、着心地も良く、もたつかずにすっきりと着られます。
パンツが細いシルエットなので、スナップのような大きめのパフスリーブのプルオーバーのようなアイテムを合わせることで、バランスよく着こなせます。

セットアップのように着るレギンス♪ ワンピースとカラーを合わせて、バランスよく

黒のノースリーブワンピースに黒のレギンス、サンダルを合わせたコーデです。黒のワンピースと同じカラーのレギンスを合わせることで一体感が出て、全体のコーデを引き締めています。細身パンツのレギンスは、膝丈のアイテムと合わせてもバランスよく着こなせます。ワンピースではなく、膝丈のスカート+レギンスの組み合わせもおすすめです♪

体型カバーにも♪ ロングカーディガンでレギパンをナチュラルに見せる♪

白のロゴ入りTシャツに黒のレギパン、グレーのロングカーディガンのコーデです。
ロング丈のカーディガンは、「レギパンで下半身のラインが出るのが気になる」という方におすすめのアイテムです。カーディガンの前ボタンを開けておき、軽やかに着るのがいいですね♪ ロング丈のカーディガンのほかに、ロング丈のジレを合わせてもナチュラルに体型がカバーできます。

迷彩柄レギンスパンツでコーデをキュッとカジュアルに

きゅっと細身の迷彩柄のレギンスパンツを合わせたコーデ。ベーシックなアイテムと合わせていますが、きゅっと引き締まった下半身がきれいめなカジュアルコーデに格上げしてくれています。
コーデの主役として使いたいですよね♪

ファッショニスタの間で話題! レギパン×チュールスカートコーデ

おしゃれな人の間で注目されているのが、レギパンにチュールスカートを重ねるコーデ。カジュアルコーデにガーリーさをプラスして、まわりと被りにくいコーデにアップデートできます♪

レギパンで、ミニスカートを抵抗なく着る

年を重ねるとミニ丈のスカートは着るのに少し抵抗がありますよね。でもレギパンを仕込めば、抵抗なく着られちゃいます♪
ボーダートップス×キャスケットで、ちょいマリンコーデに。

 

もちろんミニ丈のワンピースでも大活躍! ウエストを締め付けないので、マタニティコーデとしてもおすすめです♪

ビッグシルエットトップスは、下半身をスマートにして華奢見えを狙う!

スナップのように、もこもことしたビッグシルエットのトップスは、合わせるボトムによっては着太りをしてしまう恐れもありますよね。バランスよく着こなすためには、下半身をスマートにまとめるのがおすすめです。
レギパンなら、スキニーデニムよりもよりスマートに見えます。下半身が引き締まっていることにより、トップスがゆるめのシルエットでも華奢見えを狙えます。

 

2017年3月28日 mamiko 更新
2017年7月27日 watabe 更新

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。