デートにおすすめ♪ 大人女子のためのスポーツ観戦コーデ

秋はレジャーが楽しい季節です。スポーツ観戦もその内のひとつですが、スポーツ観戦が初めての人にとっては、どんなファッションで行けばいいのか迷ってしまうことも。特に彼とのデートの場合は、スポーツ観戦というシーンにふさわしいおしゃれでしっかり決めたいですよね
今回は、デートシーンにおすすめのスポーツ観戦コーデをご紹介します♪

ミリタリージャケットにレザーブーツでクールに着こなす、スポーツ観戦コーデ♪

今年のトレンドアイテム、ミリタリーテイストのジャケットとレザーのブーツで決めた、クール系カジュアルなコーデです。ダメージ加工の黒スキニーパンツもプラスして、少しハードなテイストが印象的ですね♪
普段フェミニンなコーデが多い方こそ、こんなクール系コーデでデートに臨むと新鮮なギャップを生むことも
もう少しソフトな着こなしにしたい場合は、パンツをインディゴシーンズにしたり、シューズにスニーカーを合わせたりすることで、ナチュラルな仕上がりにできます。

スポーツ観戦もフェミニンなテイストに♪ 白スカートでかわいいナチュラル感をプラス

スポーツ観戦で楽しく盛り上がるには、やはりラフでカジュアルなファッションが一番です。カジュアルであれば、スカートやワンピースのようなアイテムでもOK
こちらは黄色×ネイビーのボーダーTに白スカートを合わせたコーデですが、スカートにナチュラル感があるのでスポーツ観戦コーデにも使えます。白スニーカーと腰巻したGジャンもアクティブコーデのポイントになっていますね♪

きれいめシンプルなスポーツ観戦コーデ♪ デニムシャツ+デニムスカートでシックに

スポーツ観戦と言うとカラフルな元気コーデや、動きやすいラフコーデになりがちですが、着こなしがカジュアルであれば抑えめの色使いやタイトフィットしたアイテムでも問題ありません。
こちらのデニムシャツとデニムスカートにグレーのパーカーを腰巻きした着こなしは、大人のスポーツ観戦コーデにぴったりきれいめシンプルで落ち着いた着こなしは、大人の彼にも好印象間違いなしです♪
スナップでは足元にグレーのスリッポンを合わせていますが、スニーカーを合わせても素敵ですね

デニムのワイドパンツとボーダーで決める、大人女子のためのスポーツ観戦コーデ♪

大人シンプル系なスポーツ観戦コーデがお好みの方には、ワイドパンツもおすすめです。こちらのスナップは、デニム素材のワイドパンツにボーダーを合わせた着こなしがシックですね。
ボーダーTはボートネックがデコルテラインを美しく見せてくれるので、デートにもぴったりなアイテムですスニーカーを合わせてカジュアルにまとめた、大人女子のためのコーデです♪

ゆるめミリタリーが可愛い♡ 長めトップスのこなれコーデ

スポーツ観戦にぴったりなミリタリージャケットは、Tシャツ×デニムパンツでカジュアルな着こなしを。
Tシャツの丈を少し長めにすると、洗練されたイメージに。ゆるっとしたシルエットが華奢さをアピールしてくれて、カジュアルなのに女性らしいコーデになりますよね。
赤リップで服装とメイクのギャップをアピールするのもおすすめです。

アウターonアウターで防寒&おしゃれ度をアップして♪

屋外のスポーツ観戦は、季節によっては防寒対策が大切ですよね。
ダウンコートやムートンコートなど、厚手のアウターでしっかり暖かくするのも良いですが、アウターonアウターもおすすめです。
応援に夢中になって熱くなってきたときにもサッと脱げます。

可愛い系の服装がお好みの方は、ガーリーカジュアルなコーデで

スポーツ観戦でも可愛い要素を取り入れたい方は、フレアスカート×スニーカーでカジュアルガーリーなコーデがおすすめです。スナップのように、ギンガムチェックのシャツを合わせれば、さらに可愛さがプラスされます。楽ちんなのに可愛いコーデは、そっくりそのまま真似したいですよね♡

ブラックのMA-1にワイドパンツを合わせてきれいめカジュアルに

ベーシックなアイテムをスポーツ観戦仕様に。ブルゾンを羽織れば、どんなコーデもカジュアルになります。スポーツ観戦のときは、足元はヒールのあるものよりもフラットな靴の方がベター。
タッセルシューズやローファーなど、カジュアル過ぎないタイプを選べば大人っぽくまとまります。

ワイドパンツを着るとき、トップスはコンパクトにまとめるのが鉄則。そこにぐるぐる巻きのマフラーをプラスして重心を上にも持ってくるとバランス良くなります。重くなりすぎないようにホワイトアイテムで抜け感をプラスしましょう。

2017年2月26日 mamiko 更新
2017年7月19日 watabe 更新


「スポーツ観戦」の人気記事>>
The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。