カジュアルすぎないのが魅力♪ オフィスコーデにも使える”きれいめダウンコート”

冬本番を迎える前に、あったかいアウターの準備をしておきたいものです。 寒い季節にほっこり暖かいアウターといえば、やっぱり”ダウンコート”。
軽くて暖かいダウンですが、カジュアルなのが気になる方も多いのではないでしょうか。
今回は、キレイなシルエットでオフィスコーデやきれいめコーデに着回せるダウンコートの着こなし術をご紹介します♪

タイトめな黒のダウンコートは、オフィスやきれいめコーデにもぴったりなアイテム♪

あったかいけど、もこもこして着膨れしがちなダウン。
肩幅や身幅などが大きすぎず、シルエットがきれいでコンパクトなサイズのものを選ぶと、きれいめにも着こなすことができます
黒のダウンは少し重めなニュアンスがありますが、こちらのスナップのような白スカートを挟むことで、軽やかさが加わった着こなしに♪

グレーのダウンコートは細かなディテールがポイントに♪ ウェストシェイプできれいめコーデ

こちらのグレーのロングコートは、ミシン目の幅が工夫されているデザインが特徴。
ミシン目が下に行くにしたがって幅広になっていることで、重心を下に持っていき、全身がすっきり見える効果があります。
ややウエストシェイプされたディテールも、きれいめに着こなせるポイントですね♪

袖&裾フリルのキャメルのダウンコートは一枚で主役級の存在感! シンプルにまとめてフェミニンに♪

こちらは、袖と裾にギャザーが入ったフェミニンなデザインのダウンコートです。
シンプルなデザインが多いダウンコートの中で、甘めなディテールが主役級の存在感になっていますね
こちらのスナップではスキニーデニムと黒のロングブーツを合わせることで、甘さを抑える着こなしになっています。
ベージュのダウンコートは、明るいトーンできれいめにコーデしやすいアイテム♪ カジュアルすぎるコーデが苦手な方におすすめです

きれいめファーがポイント♪ キャメルのダウンで白コーデを引き立たせて

こちらは、深みのあるキャメルのダウンジャケットです。
ショート丈のダウンにはカジュアルなテイストがありますが、フードにファーが使われているためにきれいめな印象になっています♪
ショート丈のアウターは長め丈のボトムとの相性が好バランスなので、マキシスカートやワイドパンツなどの重めボトムと合わせるのがおすすめです。
こちらのスナップは、白のインナー&白スカートという白コーデが、冬の季節に新鮮な着こなしに
キャメルのダウンジャケットと、黒のモカシンというウォーム感のあるアイテムを合わせることで、視覚的にも寒くないコーデになっています。

縦のラインを強調して、ブラックダウンでスタイルアップ!

類似商品を500ブランドから検索

着膨れしそうなイメージのあるロングダウンコートですが、ブラックなら逆にスタイルアップして着こなせちゃいます。ロング丈のフレアスカートをウエストインして、なおかつワントーンにすれば、Iラインのコーデに。
しっかり防寒しつつ、きれいめな印象をキープできます。

異素材ミックスで、ダウンをスタイリッシュにコーデ♪

ショート丈のダウンは、おじさんっぽく見えないかな? と不安な方は、デザインにこだわったダウンを選べば、スタイリッシュに着られます。
デニムパンツと合わせるシンプルなコーデでもおしゃれに。スナップでは、揺れるタイプのピアスでコーデに差し色をして、女性らしさもアピールです♪

 

ノーカラーのロング丈ダウンならきれいめコーデもおまかせ

ノーカラーのロング丈なら、ダウンならではのカジュアルさが緩和されているので、コーデがきれいめにキマります。スナップのように、ちょっと薄めのインナーダウンなら軽さもあり、さらにこの上からコートを羽織って着るのも◎
寒さの厳しい日におすすめです。

 

デートにもOK! ダウンコートをフェミニンに

 

ダウンコートはあくまでも防寒アイテム。デートのときにはとんでもない! と思っているかも知れませんが、スナップのようにAラインを強調して着こなせば、可愛く着こなすこともできちゃうのです♡
前を締めて、ワンピース風に。モテカラーであるピンクのバッグを持てば、モテコーデの完成です♪

 

2017年2月21日 mamiko 更新

 

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。