ぽっこりお腹どうしよう! 薄着の季節に役立つ体系カバーコーデ

最終更新日: 2017/04/27 by watabe

秋冬シーズンに食べ過ぎて、気づけば大幅な体重オーバー。これから薄着の季節になるのにどうしよう……とお悩みの方も多いのでは? アラサー世代になってくると、全体の見た目は変わらないのにお腹周りだけがやたらとぽっこりなんてことも! 今回は体系カバーで一番隠したいぽっこりお腹のカバーコーデをご紹介します。

トップスインは素材を選べば怖くない!

ぽっこりお腹が気になる女子にとって、苦手なトレンドと言えばトップスイン! バランスよく見えるとはわかっていても、お腹周りを隠したいからできない……とお悩みの方も多いはず。そんな方にオススメしたいのはプリーツスカート。立体感のあるシルエットがお腹周りをキレイにカモフラージュ。フェイクレザーなど、今季トレンドのハリのある素材を使用したアイテムなら効果バツグンです!

トレンドアイテムを賢くミックスさせる!

ボリュームスリーブが今季らしいシフォンブラウスに、スイートなピンクのビスチェをレイヤードしたオシャレ上級者コーデ! ふわりと広がるぺプラムヘムのビスチェがお腹周りをさりげなくカバーしてくれます。ビスチェはちょっと……という方には、キャミソールやジレでのレイヤードをオススメします。

フラワーロングシャツの華やかさに頼っちゃおう!

タイトなカットソー×デニムを合わせたコーデの体系カバーによく活用されるカーディガン。今シーズンらしくお腹周りを隠したいなら、フラワーシフォンのロングシャツがオススメです。華やかなプリント&エアリーな質感がボディラインを難なくカバー。ベルトでアクセントを加えているのもバランスよく見えるポイントです。

プチプラアイテムでもスタイルアップ可能!

GU(ジーユー)のボートネックカットソーにUNIQLO(ユニクロ)のフレアスカートを合わせた、プチプラコーデでも体系カバーすることは可能です! なるべく高めの位置にスカートを合わせれば、お腹周りはフレアスカートのボリュームでシルエットが出ることはありません。リボンベルトもさりげないカバーに最適です。

The following two tabs change content below.
bossa

bossa

学生時代から女性誌のライターアシスタントを数年、その後男性情報誌を手掛ける出版社で広告記事作成などに携わる。現在はファッションメディアを中心としたフリーライターとして活動中。