保存版! 体型別 『似合うホワイトシャツ』の選び方と着こなし方を徹底解説!

最終更新日: 2017/05/20 by watabe

シンプルで、何にでも合わせやすく、着こなし方次第でいろんな表情を見せてくれる「ホワイトシャツ」。でもそんなクセのないアイテムこそ、いかに自分に似合うものを選ぶかが重要となります。
そこで今回は、似合うシャツ選びのポイントをボディの特徴別に解説! 着崩し方やこなれ見えテクニックも紹介していますので、ぜひ参考にしてみくださいね♪

骨が細くて体の厚みが薄い方は、ゆるりん系シャツ

風をふわっと含むエアリーなシャツやブラウスは、体つきの印象が少女っぽい方によく似合います。トップスのエアリー感がボディボリュームを出してくれるので、メリハリバランスもGET!
生地もゴワっとした肉厚のものではなく、肌をすべるようなソフトなものを選びましょう。

首元が詰まっているタイプならさらにGOOD!

骨が細く体の厚みも薄い方は、肩幅が狭めだったり、型のラインが丸い傾向にあります。そんな方はぜひ、首の開きが狭いタイプのシャツを選んでみて。視覚効果で肩幅が広く見え、ショルダーラインもしっかりと描くことができます。
スナップはノーカラーですが、ノーマルなカラーシャツなら、ボタンの開け閉めで首元の開き加減を調節してくださいね♪

関節がしっかりしていて肩幅が広い方は、キリッと系シャツ

雑誌のモデルさんのように肩幅がある方は、ハリのあるシャツが非常に似合います。トレンドのビッグシャツや、硬めの素材でできたシャツも、そのインパクトに負けることなく着こなせるので◎。
洗いざらしたようなホワイトデニムや、この時期人気のリネンシャツもオススメです♪ スナップのような花柄スカートをボトムスに持ってくると、全方位から好感を持たれるスタイルに。

トレンドの抜き襟もカチっとハマる!

もはやシャツを着こなす際の定番手法となった襟抜き。肩幅がある方は、特にこの着崩し方が似合うんです! と言うのも肩がしっかりしていると、そのシャツの着方次第ではハンサムになり過ぎてしまうことが……。
でも襟を抜くことで、凛としたスタイルはそのままに、適度な色っぽさがプラス。さらにワークパンツと合わせれば、色気と辛さがミックスされた、まさに今っぽい着こなしが完成します!

The following two tabs change content below.
真雛美(MASUMI)

真雛美(MASUMI)

ファッション系メディアのキュレーター。また、「スタイルプロデューサー」としても活動中。みなさんのコーデに関する悩みを解決すべく、各種情報発信をしたり、ちょっと変わった手法で個人のスタイリングをコンサルしています。とにかくオモロイことが好き★ ■WEB→ http://masumi.top/ ■Instagram→ https://www.instagram.com/masumi_sp/ ■Twitter→ https://twitter.com/masumi_888