キレイ色×キレイ色に挑戦! 人と差がつく、4つのカラーブロックテクニック

最終更新日: 2017/05/23 by watabe

キレイ色なしじゃ語れない今シーズン。鮮やかな色物をワードローブに取り入れた方も多いと思います。でも、ついついそのキレイ色アイテムを、ベーシックカラーとばかり組み合わせていませんか? もちろんそれも正解ですが、今回ご提案したいのは、人と差がつくちょっと意外性のある配色コーデ。
着こなしがフレッシュになるような色合わせパターンを集めましたので、明日からのスタイリングに、ぜひお役立てくださいね♪

ブルー×パープルの技あり配色でつくる華やかコーデ★

淡いブルーに濃度高めの鮮やかパープル。たまにはこんな変化球な色合わせも新鮮です! ブルーはパープルとはもちろん、もっと白みがかったラベンダー系とも相性バツグン。
小物はブラックやベージュなどのベーシックカラーに抑え、着こなしを落ち着かせるのがポイントです。

夏気分満点! トライバルな雰囲気が薫るイエロー×グリーン

ピンクと並ぶ今季の注目カラーと言えば、彩度の高い「イエロー」。ホワイトorブラック合わせできれいめに仕上げるのも素敵だけれど、こんな風にグリーンをセットして、夏気分を思いっきり盛り上げてみるのはどう? それだけでエスニックテイストに転ばせることができるし、何よりおしゃれ達人を気取れちゃう♪

どこまでも爽やかな風が吹く★ 清涼感あふれるスカイブルー×イエロー

オフィスでも活躍しそうなスカイブルーのブラウスは、イエローボトムを合わせて鮮度出し! もちろん、定番のホワイト×スカイブルーのストライプシャツでも応用ができますよ♪
ポイントは、いずれもペールトーンで揃えること。そうすれば、お互いの色が主張し過ぎず、清潔感のある着こなしが完成します。

いつものフラワープリントスカートも見違える! オレンジ×レッド

柄物を着る場合は、柄の中にある色を拾ったアイテムを合わせるのが王道ルールです。でもワンランク上の着こなしを狙うなら、ちょっぴり冒険して、あえて柄にはない色を持ってくるのもアリ。
例えばこのスナップでは、ブラックを基調としたレッドとホワイトの花柄スカートに、プリントには入っていないオレンジのトップスをON。色を多めに使っても、ブラックがしっかりまとめてくれるので安心です★

The following two tabs change content below.
真雛美(MASUMI)

真雛美(MASUMI)

ファッション系メディアのキュレーター。また、「スタイルプロデューサー」としても活動中。みなさんのコーデに関する悩みを解決すべく、各種情報発信をしたり、ちょっと変わった手法で個人のスタイリングをコンサルしています。とにかくオモロイことが好き★ ■WEB→ http://masumi.top/ ■Instagram→ https://www.instagram.com/masumi_sp/ ■Twitter→ https://twitter.com/masumi_888