ちょっとしたコツで解決! 「汗ジミ対策」を考えたコーデで夏を乗り切ろう

最終更新日: 2017/07/05 by watabe

夏になると気になる「汗ジミ」……暑い日のコーデで考慮したい必須事項です。汗取りインナーや制汗剤はもちろんですが、トップスの選び方で解決できるコツがあるんです。カラーは黒・紺・白・柄もの、素材は速乾性があるものを選ぶこと。汗ジミを目立ちにくくするトップスで爽やかな夏コーデを楽しみたいですね。汗ジミが目立たなくなるコーデのポイントを紹介します。

トレンドの袖コンシャスブラウス

汗ジミになる元々の原因は服に汗がつくこと。汗がつく面積が小さいほど汗ジミが目立ちにくくなります。旬の袖コンシャスブラウスにはふんわりとしたデザインが多く汗ジミ対策にぴったり。露出が多く涼しいオフショルダーなら体温調整もできるのでおすすめです。

プリント柄+フレアスリーブブラウス

白・黒・紺などダークカラーの柄物は、視覚効果で汗ジミにもごまかしが効きます。スナップのようなフレアースリーブなら汗も付きにくくダブルの効果で万全。

速乾性のあるリネンシャツ

ヨーロッパの高級リネンは夏によく使用される生地として有名ですが、最近では上質なリネン100%のアイテムがプチプラで購入可能。速乾性があり天然素材で肌触りがよいのが特徴です。紺のリネンシャツをさらりと着て大人カジュアルに仕上げて。

白Tシャツには旬のビスチェを重ね着

白も汗ジミが目立ちにくいカラーですが、すぐ洗濯をするなど気をつけないと黄ばんでしまう可能性もあり注意が必要です。トレンドのビスチェやキャミソールの重ね着で、汗ジミ対策とオシャレの両方が叶います。

The following two tabs change content below.

Lilac

某通信販売会社のファッション企画等を経験後渡英。フャッションジャーナリズムやグラフィックデザインを学ぶ。帰国後アパレルマーチャンダイジングに携わる。海外ストリートファッション、着心地のよいシンプルなものが好き。