シーズンレスな頼れる相棒。春に向けて真似したい石田祥子さんの黒スキニーコーデ6選

最終更新日: 2018/02/13 by watabe

どんな季節も、あらゆるシーンで頼れる黒スキニーパンツ。コーディネートに困ったときについ手に取ってしまいます。どんな合わせ方でも、思いのままに受けとめてくれる着まわし力の広さは折り紙つき。

今回はいつもおしゃれな#CBKモデル・石田祥子さんのスナップから、これから春に向けて真似したい黒スキニーコーデを紹介します。

背伸びしない上品さが薫る

自由に手に取ったような組み合わせでも、モノトーンならバランスよく納まります。足元にはパンプスを選び、レディに寄せることで品よくまとめる。この上品さがあれば、オフィスにも黒スキニーパンツを着て行くことができます。

黒になじむ知的な深みグリーン

黒に明るい色や鮮やかな色はコントラストが強すぎるとき、モスグリーンならナチュラルにフィット。小物も黒で統一し、大人の辛口カジュアルな着こなしながらも、黒スキニーパンツに上品さをきちんと加算。

「レーストップス」でレディに更新

それだけで女っぽさを物語るレーストップス。小物は黒で統一し、気張って見えないように注意しましょう。透け感のある色っぽいレースも、黒スキニーパンツで狙った感のないセンシュアルな表情に。アンクルストラップサンダルでスタイルアップ効果を後押し。

シンプルなコーデはファーのアクセントを

グレーニットとスニーカーを合わせた黒スキニーコーデ。でもこれだけだとちょっとラフすぎるので、ファーバッグで旬のアクセントを。またはミニバッグやクラッチなど服装とはテンションの違うバッグを選んで、シンプルなのにお洒落に見えるバランスをマスターして。

OFFの日はハットで仕上げる

いつもよりお洒落したいオフの日。物足りないと感じたら、ハットを足して解決。定番のスキニーコーデも即着映えが叶います。他のアイテムがシンプルでも、きちんとこなれ感を演出。

シンプルに映える白ソックス使いがポイント

まだまだ素足でシューズを履くには寒い季節。スキニーとシューズの間に白ソックスのアクセントを足して、大人の遊び心たっぷりに仕上げましょう。フェミニンで少女のような足元が、いつもとは違う黒スキニーの表情に仕上げてくれます。

The following two tabs change content below.
mayu

mayu

アパレルブランドの販売員、ファッション誌のライターアシスタントを経験。ファッションやコスメが大好き。映画も人生に欠かせません♡