秋だからこそきれい色♡ お手本にしたいカラーの取り入れ方

最終更新日: 2018/09/14 by watabe

暗い色が増えがちな秋だからこそ、カラーアイテムが目を引きます。なんとなく暗カラーが多い、そんなときほどきれい色を取り入れて、コーデがマンネリしないようにしましょう。

センス良く見えるカラーの取り入れ方をご紹介します。

ハイセンスに見せてくれる赤・ボルドー系ボトム

ちょっとハードルが高い印象の赤やボルドー系ボトムですが、着るだけでグッとコーデがハイセンスに変身。まずは取り入れやすいボルドーから、慣れてきたら赤に挑戦してみるのがおすすめ。

大人っぽく華やぐブルーのカーディガンやコート

羽織りモノは合わせやすいベーシックカラーが便利ですが、あえてカラーを選ぶのもおすすめ。デニム感覚で着られるブルーならコーデの邪魔になりません。
寒くなってきたらブルーのコートを着ても可愛い!

カラー初心者はオレンジアイテムを狙え!

「あまりカラーは着ない」「色モノは苦手」そんな方は、取り入れやすいオレンジに狙いを定めると着こなしやすいはず。秋にぴったりでベーシックから逸れない色味なので、抵抗なく着られます。

イエローは小物でさりげなく使う

長らく人気が続くイエロー。秋も重宝しますが、今まで流行っていた分、ちょっと控えめに小物で取り入れるのもアリ。
小物でも存在感があるので、少しの分量でおしゃれ度を底上げしてくれます。

秋だからこそ、きれい色に頼る!
マンネリしないためにも、お気に入りの色を見つけておきましょう♡

The following two tabs change content below.
mamiko

mamiko

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。