ピンクカーディガンはこう着れば甘くなりすぎない! 大人っぽい着こなし4選♪

最終更新日: 2019/05/06 by watabe

見た目の可愛さで思わず手に取ってしまう「ピンクのカーディガン」ですが、選ぶカラーや着こなし方によっては子どもっぽくなったり、反対に老けて見られたりするなんてことも……。
しかし思いやりや愛情豊かな印象を与えるモテカラーのピンク、身にまとわないなんてもったいない。ピンクカーディガンの大人コーデを早速チェックしていきましょう。

フューシャピンクをホワイトアイテムでメリハリのある大人コーデに

ピンクの中でも赤紫がかったフューシャピンクは、ブルーベースのお肌の女性によく似合います♥ こちらのコーデが大人っぽく見えるポイントは、インナーのタンクトップのカラー! くすんだカラーよりは、雪のような真っ白や、バーガンディなどのダークな茶系と組み合わせると、コーデがグッと引き締まります。ワイドパンツやヒールパンプスなどシルエットのキレイなアイテムがピンクの甘さを抑え、女性らしい雰囲気をアシスト。

ボリュームピンクカーディガンが引き立つ“Yラインコーデ”

やや青みがかったダスティピンクのボリュームカーディガンとレースインナーのレイヤードは、甘さを抑えるブラックタイトスカートにタックインしてスタイルアップ♥ 上半身にボリューム、下半身がタイトと、キレイとカジュアルの両方がバランスよく組まれた“おしゃれYライン”の足元は、スニーカー×靴下ですっきりまとめて、大人のこなれカジュアルを手に入れて。

ロング丈のキレイめピンクカーディガンでスタイルアップ

巷ではショート丈のボリュームニットカーディガンが人気ですが、より大人っぽく着こなすならロング丈がおすすめ♥ ロング丈のプリーツスカートと組み合わせて、上半身と下半身のボリュームを同じくらいにすれば、すらっと背が高く見える“キレイめIライン”が完成! カーディガンとスカートのカラーがごちゃつかないよう、トーンは揃えるのが鉄則です。

ピンクカーディガンの甘さを抑えてレトロムードを高めて

コクーンシルエットのキュートなピンクカーディガンと、小花柄のワンピースを組み合わせたレトロムード漂うコーデ♥ モデルさんはショルダーバッグやウエストバッグではなく、巾着付きのカゴバッグを添えて、素材感と個性を生かしています。足元はスニーカーでヘルシーに外すほか、ぺたんこパンプスで大人シンプルに決めるのも◎。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。