アラフォーの「ピンクコーデ」をおしゃれに作るコツは? 40代から始める甘色スタイル

最終更新日: 2019/05/22 by watabe

いつの時代も可愛らしさを演出してくれる「ピンク」。そんな甘色のピンクを年を重ねてアラフォーになった今、なぜか無性に着たくなる……なんて感じたことはありませんか? 実はアラフォーこそピンクが似合う世代なんです! コーデに血色感をプラスできるので、肌ツヤもよく見えて良いことずくめ。

今回は、アラフォーの「ピンクコーデ」をおしゃれに作るコツを4つご紹介。トーンや合わせる色を少し工夫するだけで見違えるほどあか抜けるので、ぜひ試してみてください。

アラフォー世代の「パステルピンク」はカーキ合わせで大人仕様に

ピンクの中でも甘い印象の「パステルピンク」は、大人の余裕を感じさせるカーキと組み合わせるのがおすすめ。甘さと辛さがちょうど良くMIXされて、おしゃれなバランスに仕上がります。トップスでピンクを投入すると、顔の印象を明るくしてくれるので一石二鳥!

青みがかった「ラベンダーピンク」は甘さ控えめで着こなしやすい

ピンクに青みを混ぜたような「ラベンダーピンク」は、甘さ控えめでアラフォー世代が使いやすい色。この色なら、透かし編みニット×フレアスカートのフェミニンコーデも甘過ぎず上品な仕上がりに。スカート丈はひざ下~くるぶし丈の長めをセレクトして、大人の落ち着き感を演出するのがベター。

アラフォー世代の「ショッキングピンク」はデニムでまとめて

パッと目を惹く華やかさが特徴の「ショッキングピンク」は、コーデ内の色を最小限に抑えて、デニムでほんのりカジュアルさを漂わせて。ピンクの鮮やかな色を引き立てつつ、派手見えしないパーフェクトな着こなしが完成します。

あえて「ピンク」をカジュアルに着られるのも40代の特権です!

20代~30代がピンクをカジュアルに着ると、なんだか子どもっぽくなってしまうもの。でも、大人の魅力を備えた40代ならすんなりおしゃれに着こなせるから不思議です。
スナップではふんわりティアードがレディなピンクスカートを、ブラックパーカーで引き締め。足元はパンプスできれいめエッセンスをMIXするのがポイントです。

The following two tabs change content below.
m.NaNa

m.NaNa

アパレル業界にてファッションデザイナーを経験。鮮やかなカラーが好きでカラーコーディネートにこだわったブランディングに従事。現在はフリーのデザイナー兼ライターとして活動中。