たくさん歩くときこそスカート! スニーカー×フレアスカートの大人スタイル4選

最終更新日: 2019/05/28 by kaori

イベントが増える夏の足元は、歩きやすいスニーカーを選ぶことが多いのではないでしょうか。 しかし、「スカート×スニーカーのコーデが、なんだかチグハグでしっくりこない」「カジュアルスタイルにしたいときのパンツ×スニーカーがマンネリ化」など、大人世代が上手に取り入れるにはちょっぴり難しいという声もチラホラ……。

そこで今回は、スカートとスニーカーをバランス良く着こなしたお手本コーデを4つご紹介します。大人向けのスカートの選び方も併せて詳しくお伝えするので、ぜひチェックしてくださいね。

ふくらはぎが隠れる長め丈で、脚をカモフラージュ

まずフレアスカート選びでおすすめしたいのが、長さがしっかりあるデザイン♥  ふくらはぎが出ているとたくましく見えることもあるため、ふくらはぎをすっぽり隠してくれるロングやマキシ丈がベストです。

こちらはロングスカートとボーダートップス、足元にはスニーカーを合わせたきれいめカジュアルスタイル。ソールの低いスニーカーだと脚が短く見えてしまうのでは?と心配になりますが、ロングスカートで脚のシルエットをぼかせば、その心配も無用です!

ギャザーやタックなしが、ウエスト周りをすっきり見せるコツ

フレアスカートを選ぶ際には、ウエスト周りがすっきりしたデザインをセレクトするのも大切♥ ウエストにギャザーやタックが入ったタイプは、そのボリュームによって着太りして見える危険があります。モデルさん着用のようなタックやギャザーが入っていないデザインや、入っていてもボリュームの少ないシルエットを選ぶなど、スカートそのものを厳選したり、事前に全身のチェックをすると安心ですよ。

リネン素材のフレアスカートで叶える、可愛い×カジュアル

さらっとして肌触りが良く、見た目にも涼しげなリネン素材のスカートは、これからの季節に便利なアイテム♥ ロング丈のフレアなシルエットも、リネン素材なら「可愛い」と「カジュアル」のバランスがちょうど良く、大人世代が気負わず着こなせますよ。

足元はローカットのブラックスニーカーでシャープに引き締めるのも良し、スカートと同じくボリュームのあるホワイトスニーカーで爽やかな抜け感を出してもおしゃれです♪

プリーツスカートは大人世代の強い味方

フレアスカートと同じくふんわりと広がるシルエットで、さらにひだが折り重なったデザインが特徴のプリーツスカートは、縦のラインを強調し全身をすっきり見せてくれる優秀なアイテム♥ しかし短め丈の場合は、一歩間違えると「学生のように頑張ってる感」を出しかねません。大人世代なら、ロング丈を選ぶのが正解です。

足元は、トップスと同色で統一するとバランスの良いコーデが完成します。スカートと同色で馴染ませれば下半身が繋がって見え、脚長効果を発揮しますよ。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。