低身長さんでも美バランスを実現! スニーカー・ヒールなしシューズのおしゃれスタイル4選

最終更新日: 2019/07/30 by watabe

スニーカーやスポーツサンダル、フラットシューズなど、ヒールのない靴は履き心地もよく、流行の抜け感も演出してくれるおしゃれのマストアイテム♪ その一方で特に低身長さんの場合は全体のバランスが悪くなりやすく、取り入れるのが難しいと感じる声もチラホラ……。

でも大丈夫! 「配色やシルエットでメリハリを効かせる」「どこかしらすっきり見せる部分をつくる」「小物で視線を上げる」などのように、ほんの少しの工夫で美バランスは叶います。今回は身長155cm前後の#CBKモデルさんを参考にお手本コーデをご紹介します。早速チェックしていきましょう♪

細くて長いワンピースにはサンダルの抜けが効果的

シンプルなTシャツワンピースにスポーツサンダルを合わせた、大人っぽさと抜け感を両立させたスタイリング! 低身長さんが避けがちなストンと落ちるロングシルエットも、タイトすぎずゆったりしすぎない絶妙なサイズ感を選べば、体型を拾い過ぎないのに自然なメリハリを実現できます。

また緩急がつきにくい無地な一着こそ、小物使いが鍵! 引き締めのシックアイテム&視線を上げるキャップと、全身にブラック×ブラウンのメリハリを効かせつつも、アクセントを散りばめて美バランスを確立。

ウエストマークでメリハリをつけて

低身長さんがスニーカーやフラットシューズを履く際は、ウエストマークも意識したいテクニックの一つ! ベルトやリボンなど腰回りにポイントを置くことで自然と視線が上がり、重心を高めることでスニーカーでも高身長のイメージをつくれます。

また女性らしいキュートなトップスに、少年のようにアクティブなショートパンツと、ブラックとホワイトの配色の中でさらにテイストをわかりやすく分けることで、シンプルな組み合わせでも目に留まるスタイルを実現できます。

ボリュームボトムにはコンパクトトップスがベストフレンド

フレアスカートやワイドパンツなど、ボリューム感のあるボトムを穿くときはトップスをコンパクトにまとめ、シルエットでメリハリを効かせるのが美バランスの秘訣♥ ボトムはハリ感のあるものより、薄手で柔らかさのある素材を選ぶとさらにトライしやすいはず。

また幼く見られがちな低身長さんは、ベーシックな色使いを意識するのも手。ゆったりとしたワイドパンツでも、着られてる感を回避しつつ、カッコいい大人のムードにシフトします。

長すぎない絶妙カーディガンをお供に

今季はロングカーディガンやワイドパンツなどゆったりとしたシルエットがトレンドアイテムですが、低身長さんの場合着られてる感が出てしまい、着こなしが難しいと感じる人も多い様子。しかしロングカーディガンの中でもひざ下くらいの長さなら、比較的すっきりとした印象に見せることができます。

またロングカーディガンはサッと羽織るだけで簡単にIラインを作ってくれる優れもの! ワイドパンツなら足首が見える短め丈を、モデルさん着用のベイカーパンツなら裾のロールアップで抜け感を出せば、スニーカーを合わせても美バランスです。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。