【脚は隠したいからパンツスタイル派】に贈る! 体型カバーが叶うパンツの選び方

最終更新日: 2019/08/22 by kaori

女子の悩みは尽きないもの。できるならコンプレックスをうまく隠したいですよね。とくに下半身には「ヒップ・太もも・ふくらはぎ」と、見せたくないデンジャラスゾーンが集中! 脚は絶対見せたくないからと「パンツスタイル派」の方も多いと思います。

そこで今回は、下半身が着痩せして見えるコーディネートをご紹介します。どんなデザインのパンツを選べば良いのかポイントを掴んで、見せたくないところを上手にカバーしましょう!

※記事中のモデルさんはみなさんスタイルの良い方ばかりですが、一般的なテクニックとしてご参考にしていただけると幸いです。

【お尻カバー】ベイカーパンツやテーパードパンツで細見えスタイルに

ヒップを強調しないデザインを選ぶなら、お尻から太もも周りがやったりしているベーカーパンツや、テーパードパンツがおすすめです。とくにテーパードは太もも周りはゆったりとし、ひざから下が細くなったデザインなので細見え効果があるのが嬉しい。見せたくない部分をさげなくカバーしてくれますよ。

【下半身カバー】ボリューム感のあるワイドパンツでおしゃれに昇華

人気のワイドパンツは、下半身をカバーするにも手堅いボトムス。とくにフレアスカートに見えるようなボリューム感のあるデザインがおすすめです。 パンツ派さんはスカートは避けたいという方も多いですが、そんな方はスカンツやガウチョパンツをチョイスして。幅の広いポトムスは、おしゃれなコーディネイトに欠かせない存在です。

【下半身カバー+こなれ感】ロングワンピースのレイヤードスタイル

スウェットやデニムのロングワンピースが主役のレイヤードスタイル。気になる下半身も今っぽくおしゃれに隠せるのが嬉しいですよね。合わせるボトムスは定番のレギンスはもちろん、あえて少し太めのシルエットを選んでもこなれ感が演出できますよ。のっぺり見えないように、ボディバッグやビッグバッグなど小物でメリハリをプラスして。

【メリハリをつけて下半身カバー】ビッグシャツ×デニムで軽快にスタイルアップ

旬のビッグシャツには、スレンダーなデニムをコーディネートしましょう。ボリュームのあるシルエットが腰まわりをすっぽりカバーしつつ、スリット入りで新鮮な着こなしに。ボディラインを拾いすぎないシルエットにより、体型カバーと細見え効果が期待できます!

The following two tabs change content below.
yuikana923

yuikana923

Editor&Writer/TOKYO/Fashion 主に20代女性誌の編集・フリーライターをしています。 趣味は、お仕事と昼寝。 流行に合わせたわかりやすい記事作りを目指しています。 その他、占いやダイエットなどの記事も執筆中。