【50代からもおしゃれは続く!】トレンドに左右されない自分らしさをアピールするアラフィフスタイル

最終更新日: 2019/09/20 by kaori

50代に入るともっぱら「Tシャツやカットソーなどが似合わなくなった」「何を着ればいいのかわからない」「デイリー服がわからない」というお悩みを耳にします。

世代によって似合うファッションは違うもの。またアラフィフからは柄物セレクトよりも、カラーや素材感のバランスをとることが大切なポイントになってきます。「シンプルなのに上質」そんなコーディネートなら、普段から気負わず着こなすことができそうですね!

※こちらの記事では、あくまでコーデの参考としてスナップを選定しています。

シャツ×ロングタイトスカートで女性らしく。けれどカジュアルに!

ロングのタイトスカートは、足首までしっかり隠れるくらい長めの丈がおすすめ。足元にはハイカットのスニーカーはもちろん、ややソールが厚めのサンダルを選んでもおしゃれですよ。シンプルなブルーのシャツは開襟してインナーのトップスを見せるのがポイント。かっちりしすぎず、軽快な印象に仕上げましょう。

ピンク×カーキは大人女子だからこそ似合う魔法の配色テクニック

「たまには違うカラーも試してみたい」そんなときにトライしていただきたいのが、お子様の服を拝借するパターン。ワードローブからお借りしたのは、年齢とともになかなか自分では買わなくなってしまった「ピンク」です。

WEGO(ウィゴー)のパステルピンクのニットは、カーキのベイカーパンツと合わせてみて。甘辛MIXで若い子にはできないメリハリのあるおしゃれコーデに変身!

ラインをカバーするゆったりした服装で気品を持たせて

年代とともに、カジュアルスタイルをリラックスできる素材に移行するのもおすすめです。特に上質なリネンやガーゼなど肌触りの良い素材は、タイムレスで長く使えるのが魅力。またレーヨンなどのとろみのある素材も自然とニュアンスを作りだすので、コーデいらずの強い味方。こんな質の良い素材アイテムこそ、アラフィフ世代にマッチします。

モデルさん着用のスモーキーレッドのリネンスカートとトップスも、体のラインをカバーするゆったりしたデザインで素材感を生かしたナチュラルさが生きていますね。

質のいい羽織りものが1枚あればTシャツだってお手のもの

fog linen work(フォグリネンワーク)の厚地リネンコートは、Aラインのビッグシルエットで今旬のワイドな身幅とゆったりしたラグラン袖が魅力です。茄子紺の柔らかな色合いが、シック&ハンサムさも演出。上質なコートが1枚あれば、インナーはTシャツとボトムスというシンプルなスタイルでOK。

50代になると「Tシャツがなんだか似合わない…」と敬遠しがちですが、そんなときにはUniqlo U(ユニクロ ユー)のクルーネックTがおすすめです。首元が締まっているデザインと、生地も程よく厚みで光沢感があることにより、きちんと見えが叶いますよ。

50代も流行を取り入れよう! ペプラムトップスで簡単ウエストマーク

バリバリ働く50代ワーキングレディにおすすめしたいのが、ぽっこりお腹を隠しつつトレンドをアピールできるペプラムブラウスです。ウエストマークすることにより、お腹周りをフリルで隠すことができるというありがたシルエット。

スナップのブラウスは、ブラックカラーの引き締め効果プラス体のラインもすっぽりカバー。オフィスコーデに活躍するベージュ系パンツとの相性もバッチリですね。

The following two tabs change content below.
yuikana923

yuikana923

Editor&Writer/TOKYO/Fashion 主に20代女性誌の編集・フリーライターをしています。 趣味は、お仕事と昼寝。 流行に合わせたわかりやすい記事作りを目指しています。 その他、占いやダイエットなどの記事も執筆中。