インかアウトか、トップス裾はどうすべき? 大人のウエスト問題、4つの解決策

最終更新日: 2019/10/10 by watabe

だんだん厚手のアイテムが恋しくなってくる秋口、レイヤードも楽しい季節です。鏡を見ながら「ん? ウエストはインした方がいいのかな?」なんて悩むことはありませんか。

そこで今回は、大人のウエスト問題を解決する4つの着こなしをご提案。おしゃれ上級者のスタイリングを参考にチェックしてみましょう!

ボリュームアイテムは”ウエストイン”でスタイルよく

ボリュームニットとワイドパンツのコーデは一歩間違えるともったり重たくなってしまいがち。そんな時は”ウエストイン”ですっきり解決! ウエスト位置を見せることで腰のラインが上がり、脚長効果が期待できます。
袖を捲ってボリューム袖を強調するほか、バレエシューズを合わせれば女性らしい抜け感もプラス。シンプルコーデに映えるコロンとしたシルエットのショルダーバッグ使いも素敵です。

ゆったりラインを生かした”トップスアウト”は女性らしさが叶うスタイリング

今シーズン流行のオーバーサイズのニットベストにワイドパンツを合わせたコーデ。体が泳ぐサイズ感のニットベストはウエストインせず、あえて太めラインのボトムを合わせるのが今年らしいバランスです。
大きく開いた袖ぐりは女性らしく、華奢見えも叶います。ヘアスタイルはコンパクトにまとめてスタイルよく見せるのもポイント。

スナップでは、大きめのバッグやレオパード柄のシューズなど、シンプルながらも小物使いが効いた大人のリラックスカジュアルに昇華させています。

カジュアルコーデを格上げしてくれる隠し技”フロントイン”

フロントインしたトップス裾が効いた大人のTシャツスタイル。ゆったりしたカジュアルなアイテム同士のスタイリングを格上げしてくれる、裾の「ちょい入れ」技は今すぐマネしたいもの!

モデルさんは、黒のプリントTシャツにトレンドカラーを合わせて、今季感の漂う大人カジュアルに仕上げています。

リラックスコーデを”ベルトマーク”で引き締める

オーバーサイズのとろみシャツとリブパンツのリラックスコーデ。そこを細ベルトでウエストマークすると、洗練された大人スタイルに早変わり。程よく体にフィットする素材同士の組み合わせを、ダークカラーの細ベルトがピリッと引き締めてくれます。

スナップでは、今季注目のブラウン~ベージュカラーでまとめてトレンド感もプラス。こなれ感たっぷりの着こなしが大人の余裕を感じさせます。

The following two tabs change content below.
luvsmiley

luvsmiley

うさぎと暮らす1児の母。アパレル勤務の経験を生かし、webサイトでファッション記事を書いています。シンプルな中に、どこか女らしさや可愛らしさのある大人可愛いファッションが大好き。足し算ではなく引き算で、自分らしさを引き出すようなおしゃれを提案していけたらと思います♪