大人のスニーカースタイルが簡単にこなれる! ボトム別に正解バランスを解説

最終更新日: 2019/11/20 by kaori

気軽に履けて長時間歩いても疲れにくいスニーカー。「スタイルが悪く見える」「地味な印象になる」など、おしゃれに取り入れるのが難しいという声もチラホラ聞こえてきます。大人女子が好バランスに仕上げるには、どうすればいいのでしょうか。

スニーカーは、“男性的や子どもっぽい雰囲気“が特徴なので、真逆の“女性らしさやきちんと感“をプラスしてあげるのが正解なんです! またスタイルが悪く見える心配は、ボトムとのバランスを整えれば簡単にクリア。#CBKモデルを参考に、お手本スタイルをチェックしていきましょう♪

スニーカーと花柄ワンピースは鉄板コンビ

男性的で子どもっぽい印象のあるスニーカーは、きれいめなワンピースで女性らしさを足し算するのが正解! マキシ丈の花柄ワンピースとローカットのスニーカースタイルも、ブラック多めのモノトーンでまとめれば、華やかさはそのままに大人のこなれ感が手に入ります。寒くなってきたら、レザーのライダースジャケットがあれば完璧。

ワイドパンツの裾は長めが正解

ワイドパンツとスニーカーを合わせるときに気をつけたいのが、パンツの丈です! くるぶしが隠れない中途半端な丈は、脚の長さを実際よりも短い印象に見せてしまうから避けるのがベター。スナップのようなスニーカーの先が少し見えるくらい長めの丈がベストバランスですよ。さらにハイウエストのデザインなら、脚長効果抜群。

テーパードパンツからチラッと覗く素肌が好バランスへの鍵

裾に向かって細くなるテーパードパンツにスニーカーを合わせる場合は、9分丈くらいのパンツで足首が少し見えるのが最高のバランスです! スナップのような同系色で統一したスタイルなら、ニュアンスたっぷりな今年らしい着こなしが叶いますよ。

またスニーカーやカーディガンなど「ラフなテイストが多いかな?」と感じたら、存在感のあるバッグでコーデにインパクトを与えてみて。ぐっと引き締まった印象に仕上がります。

ダッドスニーカーのメンズ感でレディなアイテムがこなれる

メンズ感の強いボリュームたっぷりなスニーカーには、思いっきりレディなタイトスカートがベストマッチ! スナップのようなソール部分の厚いタイプなら脚長効果がプラスされるから、自然にスタイルアップできますよ。これからの時期は地厚なカーディガンやジャケットを羽織って、機能性とおしゃれ見えの両方を実現して。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。