脱ほっこりを叶える! 「ベージュ×ブラック」の新配色コーデ4選

最終更新日: 2019/12/05 by kaori

ベージュやブラウンのワントーンコーデが人気ですが、冬素材で合わせると、どうしてもほっこりしがちに。そんなときはブラックを投入するのが正解です!

スタイリングのポイントは、メリハリがつき過ぎてちぐはぐな印象に見えないよう、配色のバランスをとること。「ベージュ×ブラック」のお手本スタイルを、早速チェックしていきましょう♪

レディなベージュブラウスを引き立てるブラックアイテム達

肌馴染みが良く、程よい色気が薫るベージュのカシュクールブラウスに、ブラックのスキニーパンツを組み合わせてメリハリを強調! 小物のカラーもブラックで統一すれば、スタイリッシュな大人のムードを演出できます。少し物足りないと感じたら、コーデの印象を左右するバッグをチェンジしてみるのも手。

柔らか配色にブラック小物を散りばめる

流行色のベージュは、トレンドのオーバーサイズシャツで旬味を加速! 上下ホワイト合わせで柔らかな配色を作ったら、ブラックのバブーシュで品よく引き締めると好バランスな着こなしが完成します。

またバッグをプラスするなら、やはりブラックカラーがベスト。小さめサイズでさらにファー素材のふわもこバッグなら、ブラックでもハードになりすぎずメリハリを後押ししてくれますよ。

旬配色の足元はブラックで引き締める

ホワイトのニットとブラウンのチェック柄スカートに、ベージュのボアブルゾンを羽織ったスタイル。全体を同系色で統一したら、足元はホワイト靴下とブラックのスニーカーで程よく引き締めましょう。

寒くなってきたら、スニーカーをブーツにチェンジするのも手です。ストレートラインのタイトスカートには、シンプルなブラックのソックスブーツを合わせて足元をシャープにまとめるとスタイルアップ効果も期待大!

ブラック服とならボリュームコートも難なくクリア

シックなブラックワンピースとホワイトレギンスの組み合わせに、ロング丈のダウンコートをプラス! ワンピースが引き締め役となるから、着膨れしがちなベージュダウンも気軽にTRYできるはずですよ。

ホワイトレギンスを合わせたり、足の甲をチラっと見せたりすれば、抜け感を演出。あえて肌を露出させないロングブーツをセレクトして、今っぽいスタイリングを手に入れるのもアリです。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。