自分好みの系統を見つけましょ♪「4つのカジュアルテイスト」を徹底解析

ファッションの定番ともいえるカジュアルテイスト。ラフなスタイルをはじめ、通勤に合うオフィスカジュアルなど、その幅が広いのも特徴です。

今回は4つのカジュアルスタイルを徹底解析! 春コーデの参考に、自分好みのカジュアル系統を見つけてみませんか。

《定番カジュアル》ボーダーやデニムパンツを味方につける

ファッションの基本テイストと言える「カジュアル」は、その幅がとても広いのが特徴。男の子が身に着けるようなラフなアイテムを使うと、どんなスタイルもカジュアルダウンすることができます。

代表的なのが、スウェット・パーカー・ボーダー柄・デニムパンツ・Tシャツ・スニーカーなど。これらをベースに、自分好みのカジュアルテイストを確立していきましょう♪

《きれいめカジュアル》絶妙なバランスが叶う

オフィスファッションとして活用できるきれいめアイテムと、カジュアルなデニムやTシャツなどを組み合わせた「きれいめカジュアル」。

Tシャツとデニムパンツのラフなスタイルの足元は、レディなヒールパンプスに。シアーなレースブラウスには、デニムジャケットを合わせてみる。こんな「きれい」と「カジュアル」の絶妙なバランスがたまらないスタイルは、相手に好印象を持たれやすいからデートシーンにもおすすめです♥

《セレブカジュアル》さりげなくハイブランドを取り入れる

海外セレブのオフスタイルから生まれた「セレブカジュアル」。パーカーやTシャツにデニムパンツを合わせ、足元はスニーカーでヘルシーに。そこにさりげなくハイブランドのアイテムをONするのが、セレブならではのスタイリングです♥

さらに大きめのサングラスをかければ、セレブ気分を盛り上げつつ小顔効果も発揮できますよ。

《オフィスカジュアル》流行に左右されないのが大人流

多くの働く女性から支持を得ている「オフィスカジュアル」。スナップのようなアンサンブルのカーディガンと、ひざが隠れるスカートの組み合わせが代表的です。

元々はコンサバ系としても取り入れられており、大人の落ち着きを感じさせるのが特徴。流行にあまり左右されず、派手さのない落ち着いたスタイルには清潔感や品の良さが表れるので、職場や取引先でのウケもばっちりです。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。