オフィスに春を迎えよう♪ ビジネスで使えるジャケットスタイル4選

暖かく過ごしやすい日が増え、そろそろオフィスコーデの衣替えを考えている方も多いのではないでしょうか。今回は、この春参考にしたいジャケットコーデを4つご紹介します。

淡いカラーのジャケットでオフィスに春を届けて

通勤の服装に淡いカラーのジャケットを取り入れると、一気に春らしさがアップしたお仕事スタイルに! スナップは、レースブラウスとチェック柄パンツにブルーのジャケットを投入。ジャケットのカラーが馴染むよう、ほかのアイテムはナチュラルなカラーを合わせるのが、センスよく見せる鍵です。

ホワイトコーデをダークカラージャケットで引き締めて

人気のホワイトコーデは清潔感たっぷりですが、オフィスでは目立ちすぎてスタイリングが浮いてしまう恐れも。そんなときは、ダークカラーのジャケットを羽織るとコーデが引き締まりますよ。

バッグや靴・アクセサリーもクールに決めて、カッコよくて頼れる先輩像を確立して。

グレーのジャケットはインナーで華やかさをプラス

グレーのジャケットを地味に見せないためには、主役級の差し色をインナーに迎えてみて。深みのあるボルドーレッドのニットなら、派手になりすぎずオフィスシーンにも馴染んでくれます。

またブラックのフレアスカートは、重心が下がりやすく重たい印象になる可能性も。しかしスナップのようなほんのり透けるレースの素材なら、女性らしく軽やかなムードへとアシストしてくれますよ♥

ネイビージャケットで春カラーのスカートをオフィス仕様に

イエローのプリーツスカートはフェミニンさが強いので、休日コーデっぽくなりがちに。そんなときネイビーのジャケットを合わせれば、きちんと感が出てオフィスシーンにもしっかりマッチします。

ネイビーは気品や女性らしさ、さらに引き締め効果もあるカラー。ワードローブに常備しておきたいですね。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。