好印象できちんと見え。転職して初めての「スーツじゃないオフィススタイル」の日に着て行きたいコーデ5選

転職して初めての「スーツじゃないオフィススタイル」の日って、何を着て行けばいいか思い悩みますよね。

スーツから切り替えると途端に”人となり”が出やすい分、コーディネート次第で与える印象がガラリと変わってしまうものです。ましてや自分のことを知らない、初めましての人がほとんどの環境。第一印象として大切な清潔感は死守しつつ、オフィスにふさわしいきちんと感が欲しいところです。

好印象を与えやすい服装を意識すれば、その後の人間関係も少しはスムーズにいくかもしれません。参考にしたいコーディネート例を5つご紹介します。

色味は抑えているけど清潔感たっぷりな好感度服

まずは、色味を抑えた好感度コーデをご紹介します。鮮やかな色こそ使っていませんが、暗い印象を与えないのはホワイトをベースにライトな色を取り入れているから。グレーやベージュなどのベーシックカラーは、ライトなトーンをチョイスすると地味になりにくくておすすめです。

ジャケパンコーデは堅くなりすぎないインナーを

きちんと感重視ならジャケット×パンツのコーディネートを。ですがスーツのようにかっちりしすぎないよう、インナーに着るブラウスはコンサバすぎないものを選ぶと、バランスよく親しみやすい仕上がりに。スナップで着用しているホワイトのドットブラウスはシックだけど、程よくおしゃれに決まっています。

色物を取り入れるなら聡明に見えるブルーがイチ押し

色を取り入れるなら「ブルー」が断然おすすめです。ロイヤルブルーなど、青みが強い色味は初対面だと印象が強すぎるので、くすんだライトブルーや淡いブルーを選びましょう。上品なうえ聡明に見えますよ。スナップのようにホワイトと配色することで爽やさが引き立ち、好印象に繋がります。

NOジャケットでもきちんと見える着こなし

ジャケットを着て行かない場合は、きれいめできちんと見えるアイテム選びを。シンプルなブラウスにボトムを掛け合わせるのがおすすめです。
タイトスカートは女性らしくて大人顔、ベージュなら女っぽくなりすぎず気品のある仕上がりです。パンツの場合は、太すぎないストレート、またはテーパードシルエットが凛と見えてイチ押し!

グラデーションにすればコーデの統一感もアップ

色合わせも悩むポイントですが、派手ではないカラーをグラデーションにしてしまえばコーデの迷いが消え、統一感のある着こなしが簡単に完成します。
知的に見えるブルーやネイビーを基調にグラデーションを作ると大人のきちんと感がアップ。ベージュやグレージュなどのニュアンスカラーをベースに作るとやさしげな印象に。なりたいイメージに合わせて色を選んでみてくださいね。

The following two tabs change content below.
mayu

mayu

アパレルブランドの販売員、ファッション誌のライターアシスタントを経験。ファッションやコスメが大好き。映画も人生に欠かせません♡