「ホワイトTシャツ活用術」を今こそ復習。ギャップであか抜ける4コーデを解説!

あらゆるコーディネートに活躍する「ホワイトTシャツ」。ただのTシャツとはいえデザインは無限大、シンプルでもコーディネート次第で大きく変わります。
今回は、今こそ復習しておきたいホワイトTシャツの活用術をご紹介。「あえて」のギャップを狙ったあか抜けスタイリングを目指しましょう。

1. モノトーンコーデ×ホワイトTシャツで魅せる

モードに見せやすいモノトーンコーデは、ホワイトTシャツを大胆に合わせることでゆるカジの表情に。モデルさんはチュールを使ったブラックスカートにTシャツをイン。2色しか使用していないコーディネートなのに、カジュアルな素材とドレッシーな素材が相乗効果を生み、目を引く存在感を演出しています。
少し寂しく感じたら、刺繍やロゴ入りのホワイトTシャツに替えて、遊び心を楽しんでみるのも素敵♪

2. ホワイトTシャツをレイヤードとして魅せる

メンズライク好きなシンプル派さんなら、こちらの裾出しコーディネートはいかが? モデルさんはベージュパーカーとホワイトTシャツをレイヤードし、わざと裾から出して見えるようにスタイリング。かなりカジュアルに見えますが、シューズやピアスで女性らしさを残したことで、「あえて」のこなれた大人顔を見せています。

3. 定番化した「ジャケット+Tシャツ」の外しコーデで魅せる

ジャケットのインナーに困ったらホワイトTシャツが安心。ジャケットのカチッと感と、ラフなTシャツがこなれ感を簡単に演出してくれます。
モデルさんはリネンジャケットにホワイトTシャツ、ドットスカートを合わせたナチュラルなきれいめカジュアルコーデを披露。インナーがホワイトだと顔色明るく、爽やかな表情に見えます。

4. カラーボトムにあえてカラフルなプリントTシャツで魅せる

最後にストリート系イメージな白のプリントTシャツをご紹介します。なぜプリントのホワイトカラー推しなのかというと、他の色を邪魔しないというシンプルな理由から。
モデルさんは、プリントTシャツとイエローのパンツを着用。ホワイトシャツを羽織り、プリント部分とボトムの色だけがポップに映えるよう演出しています。ちょっと着方を意識するだけで、普段着のTシャツ選びも楽しくなりますね。

The following two tabs change content below.

Asu

バイヤー兼セレクトショップを経営しています。 趣味はアウトドアと海外旅行。 個性を引き出すコーデや着こなしを発信します。