梅雨時期でも存分に楽しめるヘアアレンジ4選♪ 【ミディアムヘア・ロングヘア】

梅雨時期は湿気のせいでウェーブがすぐに取れたり、ゆるふわにセットした髪がぺちゃんこになったり。加えてジメジメとした暑さでイライラしたりと、ヘアアレンジを考えるのは意外と面倒……。

でも大丈夫! 梅雨時期でも崩れにくい、そして暑さも軽減できるヘアアレンジがあるんです♪ 今回はロングヘア・ミディアムヘアの方に試してほしい簡単ヘアアレンジを紹介します。

誰でも簡単にできる“シニヨンアレンジ”で髪の崩れを防止

シニヨンアレンジは基本的に、ヘアワックスやコテを使わなくても簡単に仕上がります。襟足部分で束ねるため、湿気でもサイドから崩れてくる心配もありません。

しかし、ふんわりとしたシニヨンアレンジを作りたい方は、束ねる前にトップから毛先にかけて、ストレートアイロンでウェーブを作ってみてください。その後、束感が出しやすいようにヘアワックスを髪全体になじませましょう。そしてトップから結び目の髪を少しずつ引き出し、束ねれば完成です。

あまり多くの毛を引き出さなければ、崩れる心配はありません! シニヨンアレンジはミディアムヘア・ロングヘアであれば誰でも簡単にできるので、ぜひトライしてみてください♪

すっきりとした“お団子アレンジ”で清涼感アップ!

つむじ付近でお団子を作れば首回りが涼しく、蒸し暑さも軽減できます。ただ梅雨時期は湿気によって崩れる心配があるため、トップ部分の髪を思い切り引き出すのは控えましょう。もちろんおくれ毛も出しすぎず、こめかみや耳前の髪のみにするのがポイント。

その際、アレンジ前には必ずヘアワックスを付けましょう。さらにアレンジ後、補助としてヘアスプレーを吹きかければなお安心です。

熱中症も心配される梅雨の時期は、首元に熱がこもりづらいお団子アレンジで乗り越えましょう♪

“編み込みアレンジ”で梅雨時期も清潔感と上品さを忘れない

このスナップをチェック!

後ろですっきりと編み込んだアレンジはお出かけにはもちろん、ビジネスシーンでも活躍します。

まとまりやすくするために、ヘアワックスを髪全体に付けるのがとっても大切。編み込み部分から短い毛が飛び出てくるのを抑えられます。ここに大きめなピンなどのヘアアクセサリーを着ければ、アレンジに華やかさもプラスされます。

清潔感と上品さが出る編み込みアレンジ。今年の梅雨時期に試してみてはいかがでしょうか?

梅雨時期でも心配ご無用! 取れづらい“巻き髪”の作り方

「梅雨時期でも巻き髪アレンジをしたい!」そんな方へ、取れづらいとっておきのアレンジ方法を教えます。まずはいつも通りコテでウェーブを作ります。この次が重要ポイント!

ウェーブを作った後にドライヤーの冷風で髪全体を冷ましてください! これだけでウェーブが固定され、持ちが格段に良くなります。そしてコーティング効果を持つヘアオイルを付け、ヘアスプレーをかければ梅雨時期でも取れにくい巻き髪アレンジの完成。さらにキャップを被ると、髪の広がりも抑えることができます。

梅雨時期でも巻き髪アレンジをしたい方は、ぜひ冷風を当てることを意識してみて。でも土砂降りの日には効果が出せないので、巻き髪自体をできるだけ避けてみてくださいね。

The following two tabs change content below.
mana.m

mana.m

美容専門学校卒業後、美容師・アイリストとして勤務。現在は主婦をしながら、ファッションやメイクの知識をWebライターとして発信しています。