「Tシャツの着痩せコーデ」テクニック4選【簡単で好バランスな着こなしを目指そう】

最終更新日: 2020/07/07 by watabe

ぽっちゃりさんにとって、夏はファッションのお悩みが増えがちな季節。薄着になる分、「隠す」体型カバーがしにくいのでちょっと気になってしまいますよね……。おしゃれなお洋服をすっきり着こなして、好バランスなコーディネートを楽しみたい!

そこで今回は、夏の定番アイテム「Tシャツ」の着痩せコーデテクニックを4つご紹介します。簡単なのに、着こなしのバランスが整うポイントを押さえてみてください。

【1】タイトスカート合わせで「Iライン」を意識してみる

まずご紹介するのは、Tシャツにタイトスカートを合わせてIラインを意識したスタイリング。縦長ラインを作ることで、すっきり見える上に今っぽいモードさも演出可能です。

応用として、ボトムスはワイドパンツでもOK! この着こなしを実践するときは、ウエストをタックインした方が上半身が小さく見えて、より効果が高まります。

【2】帽子やヘアアクセサリーで「目線をアップ」させてみる

夏のTシャツコーデを手っ取り早くスタイルアップするなら、帽子やヘアアクセサリーを使うのがおすすめです。顔まわりにデザイン性のある小物を使うことで、目線が上に集中。重心が上がってすっきり見えます。

他に、インパクトのあるデザインのピアスやイヤリングを活用するのも◎。Tシャツコーデ以外でも使えるので、ぜひ試してみてください。

【3】サロペットを重ねて「縦長見え」を狙ってみる

脚長見えする夏の着痩せコーデを目指すなら、Tシャツにサロペットを重ねるのが簡単です。選ぶサロペットのポイントは「ウエスト切替ラインがない」or「切替ラインが高い位置にある」こと。腰の位置を高く見せれば、脚長効果はバツグンです。またTシャツとサロペットの色差をつけると、メリハリコーデが実現しますよ。

【4】ロング丈の羽織りをプラスして「ほっそりライン」を作ってみる

最後にご紹介するのは、ロング丈の羽織りを使って夏でも「隠す」体型カバー法です。今年はロング丈の当たり年なので、羽織りのデザインも豊富!

中でも特におすすめなのは、ノースリーブタイプのシャツワンピースやジレを使うスタイリングです。フロントを開けて、ほっそり見えする縦ラインを作ってみてください。

The following two tabs change content below.
m.NaNa

m.NaNa

アパレル業界にてファッションデザイナーを経験。鮮やかなカラーが好きでカラーコーディネートにこだわったブランディングに従事。現在はフリーのデザイナー兼ライターとして活動中。