NEXTブームの「レッド」を使いこなす! 失敗しない夏の合わせ方♪

最終更新日: 2020/07/29 by watabe

爽やかなコーデが楽しい夏シーズンですが、たまにはスパイシーな「レッド」でスタイリングに新鮮さを加えてみませんか? パッと目を引く華やかなカラーが、暑くてダラけがちな気持ちをエネルギッシュに引き上げてくれます♪

存在感があるだけに「難しそう」と感じやすいレッドでも、失敗しない合わせ方を知っておけば”おしゃれで辛口”なスパイスに。今回は#CBKモデルの上手な着こなしとともに、4つのレッドアイテムをご紹介します!

インナーとして取り入れる「レッドトップス」

トップに持ってくるレッドカラーは、一枚で着ると主張が強くなりがち。この難しいバランス感を上手に調節するには、インナーとして取り入れるのがベストです♪

スナップのように深みのあるブラウンと合わせれば、たちまちレッドがナチュラルムードに。馴染みのいい色合わせで、レッドを主役ではなく”スパイス”として生かしましょう。

上品な「レッドカーディガン」の肩掛けスタイル

オフィスにも使える、きれいめな「レッドカーディガン」の肩掛けスタイル。嫌味なくさらっと取り入れられるのに、主役級の華やかさが手に入ります!

あくまでも”差し色”として効いているのは、Tシャツやメガネでカジュアル感をプラスしているから。女っぽいのにドラマティックになりすぎない、爽やかなレッドコーデです。

「レッドスカート」はカジュアルに穿くのが今の気分♪

大胆なレッドスカートは、フェミニンよりカジュアルに仕上げるのが断然今っぽい♪ トップスアウトやローヒールサンダル合わせで、抜け感のあるスタイリングを意識したいところです。

レッドがハードな印象になるのを避けるためには、ホワイトやブラウンなどのまろやかカラーをプラスして。やわらかさのおかげで重厚感が出ず、全体的にすっきりして見えます。

アースカラーコーデをピリッと引き締める「レッドバッグ」

カーキやブラウンを使ったアースカラーコーデには、ピリッと効く”レッドバッグ”が好相性。ふんわりと優しげな雰囲気の中にも、やる気や意思の強さを感じさせます♪ しっかり馴染ませるコツは、マットで落ち着いた質感のバッグを選ぶこと。

「いかにも気合いの入ったコーデは苦手だけど、エネルギッシュが気分」なら、こんなさりげない取り入れ方で変化をつけてみてはいかが?

The following two tabs change content below.
Riri

Riri

根っからのおしゃれ好きで、販売員を経験したのちアパレル企業のEC事業部に勤務。皆様のお役に立てるようなファッション情報を発信します。