品よく着れば問題なし。仕事の日の「ノースリーブコーデ」5選

通勤するだけで汗をかいてしまうほど暑いこの時期。仕事でもなるべく涼しげな格好をしたいものですよね。しかし「ノースリーブはなんだか気後れしてしまう」という人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、オフィスでマネしたい「ノースリーブ」の着こなしをピックアップしました。併せて着こなしのポイントや、おすすめの組み合わせをご紹介します。
仕事にふさわしいきちんと感と上品に見せるポイントを押さえて、みなさんのオフィスコーデにぜひ取り入れてみてくださいね。

タイトスカートをいやらしく見せないよう「上品カラーのノースリーブ」を

オフィススタイルで定番の「タイトスカート」。元々が女性らしいアイテムだから、合わせるノースリーブは「落ち着き感のある色味」を選んで。ベージュやブラウンは、程よい今っぽさと上品さを叶えてくれるイチ押しカラーです。

夏のワイドパンツコーデをすっきり見せてくれる

「ワイドパンツ」もオフィスには欠かせないアイテムですが、夏はもっさり見えがちですよね。だけど「ノースリーブ」合わせならすっきりと、清潔感のある着こなしに。ゆるいシルエットで脚が覆われている分、腕出しがセクシーに見えないのも嬉しいポイントです。

テーパードパンツには「きれいめに見えるノースリーブのブラウス」を選択

こちらもオフィス定番の「テーパードパンツ」。きちんと感が強く、Tシャツっぽさを少しでも感じるノースリーブを合わせるとカジュアルに傾きやすいので、ここでは「ノースリーブのブラウス」を選んで。着こなしをきれいめに徹するとうまくいきます。

配色でコーデ丸ごと上品に見せる技

配色コーデで品よく導くのも覚えておいて損はないテクニック。ポイントは、色物を選ぶときに淡い色味やくすんでいる色など、やさしげな色味を意識すること。そこに落ち着き感のあるベージュなどのアースカラーを組み合わせるのがおすすめです。程よい華やかさはありながら、オフィスでも違和感のない上品さが漂います。

コーデいらずで上品&涼やかさが手に入る「ノースリーブワンピース」

最後は一枚で夏の通勤スタイルが完成する「ノースリーブワンピース」をご紹介します。きれいめなワンピースならノースリーブもエレガントに纏えます。
「この後デート?」と思われにくい、きちんと感のあるシャツワンピースがイチ押し。色はネイビーやベージュ、ブラウンなど落ち着いた色味を選ぶことで、フェミニンよりもきれいめな印象に仕上がります。

The following two tabs change content below.
mayu

mayu

アパレルブランドの販売員、ファッション誌のライターアシスタントを経験。ファッションやコスメが大好き。映画も人生に欠かせません♡