真夏コーデを少しずつスイッチ! 残暑から秋へと繋ぐ「4つの着こなし方」

季節が移り変わる時期は、何を着たらいいのかわからないとお悩みの声もチラホラ……。そこで今回は、残暑から秋へと繋ぐ「4つのスイッチコーデ」をご紹介します。秋服の購入前に、ぜひチェックしてくださいね。

【残暑→秋へスイッチ:1】「カラー」で秋を感じさせて

まずは、いつもの夏ルックに「秋の色味」を取り入れてみましょう! Tシャツ×プリーツスカートのシンプルコーデに仕上げる日は、トップスのカラーに深みを出すだけで、グッと季節感のあるスタイルに。モデルさん着用のようなワインやボルドーはもちろん、落ち着いたパープルやモーブピンクも大人女子にマッチする人気カラーです♪

【残暑→秋へスイッチ:2】バッグを「レザー素材」にチェンジ

バッグの素材を「レザー」にシフトするのもテクニックの一つ! スナップではノースリーブのブラウスとシワ加工されたスカートで涼しげなスタイルを作り、ブラックのハンドバッグを添えて秋を薫らせています♥ 足元にブラックのバブーシュを合わせれば、存在感の強いバッグを馴染ませつつ、秋口にピッタリな装いを演出できますよ。

【残暑→秋へスイッチ:3】コーデに使いやすい「秋色の羽織モノ」を準備

さっと羽織るだけで秋らしさをプラスできるシャツやカーディガン、ジャケットはぜひ用意しておきたいところ。スナップのようなカーキのミリタリーシャツなら、夏から秋へのスイッチはもちろん、ほっこりしがちな秋スタイルを程よく引き締めてくれますよ。

またブラックワンピースなど、シックなカラーを着ることが多い方に推奨したいのがブラウンやベージュ。暖かみのある羽織モノで季節感を漂わせてみて♪

【残暑→秋へスイッチ:4】「重量感のある素材」をセレクト

大人女子に人気のロングスカートスタイルは、「重みのある素材」に変えるだけで印象がガラリと秋へシフト♥ スナップのようなハリや硬さのあるスカートなら、Tシャツとのワンツーも秋っぽい仕上がりを実現できます。チノやコーデュロイなど重量感を出す素材をセレクトして、鮮度の高い先取りコーデを楽しんで♪

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。