ぽっこりお腹をなかったことにできるコーデ?! 4つの着こなし術を解説

どうにかしてポッコリお腹を隠したい! 大人女子に多いお悩みですよね。洋服で隠したいところですが、実は「お腹から視線を外すこと」を意識するのが大切なんです。今回は、カンタンに「ぽっこりお腹をなかったことに」してくれる4つのテクニックをご紹介します。今すぐ実践できる着こなしばかりなので、ぜひ試してみてくださいね。

※記事中のモデルさんはみなさんスタイルの良い方ばかりですが、一般的なテクニックとしてご参考にしていただけると幸いです。

【1:色】鮮やかなカラーのトップスに視線を集める!

はじめにご紹介するテクニックは、色を味方につける方法。トップスにはビビッドカラーなど、ボトムよりもインパクトのある強い色を持ってきましょう!

スナップのような、ブルーのTシャツとブラックのプリーツスカートを合わせたスタイルをお手本にしてみて。目立つブルーに視線を誘導したら、あとは直線的なプリーツのおかげで全体がスラッと縦長な印象に見えます。

カラーアイテムが苦手なモノトーン派さんも大丈夫。ロゴ入りデザインでも同じような効果を期待できるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね♥

【2:デザイン】体からふんわり離れるトップスを選ぶ!

お腹やお尻など気になるパーツを隠そうとすればするほど、かえって強調しちゃったなんて経験はありませんか。お腹回りを隠す……のではなく、「ふんわり覆う」感じのトップスが一つあればとっても重宝します♥ スナップのような前後差のあるブラウスなら、こなれ感も同時に演出できますよ。

【3:柄】ボーダーのトップスに全視線を集中!

「ボーダー柄」は視線集中力が抜群のアイテム! 前だけ少しインして「正方形」を作るように意識すると、さらに着痩せ効果が高まりますよ。

スナップのような鎖骨が見えるボートネックを選ぶと女性らしく、大人が理想とするカジュアルコーデに仕上がります。ボトムはデニムパンツなど無難なものをセレクトして、トップスを引き立てましょう。

【4:羽織モノ】超ロングなカーディガンやシャツで隠しつつ縦線を強調!

体を覆ってくれる「ロング丈の羽織モノ」はお腹を隠すだけではなく、視線外しに重宝します。着こなしのポイントは、インの服をワントーンでまとめること!

スナップのようにトップス&ボトムスをブラックで統一し、ブラウンのシアーシャツワンピースを羽織れば、動くたびに揺れる素材に見惚れてしまうこと間違いなし。お腹まわりだって気にならなくなりますよ。

仕上げにチェーンのロングネックレスを加えるのもおすすめ。縦線を強調する着痩せテクニックの一つなので、ぜひ試してみてくださいね。気になるお腹をなかったことにして、日々のオシャレを楽しみましょう!

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。