季節が変わったら服の色を変える! カラー別に作る秋コーデ

ファッションで季節の移ろいを表現するとしたら、一番わかりやすく変化を出せるのが「色」ですよね。春はふんわりとしたパステルカラー、夏には気分が上がる鮮やかなカラーというように、コーデを色から考えることも多いのではないでしょうか。

秋は、これまでよりもグッと落ち着いた雰囲気に変わる季節。ホワイト・ブラックの定番色に加えて、ブラウン・カーキのこっくりとしたカラーを取り入れて、しっとりと秋コーデを作ってみましょう。

「オフホワイト」や「アイボリー」で白を秋っぽく更新!

白はどの季節にも重宝するカラーだけれど、秋に選ぶなら「オフホワイト・アイボリー」など少し色味がある白がおすすめ。季節が感じられて気分も変わりますよ。

ベージュを合わせればワントーンっぽい仕上がりに。黒の分量が多めなモノトーンコーデを作り、シックに着るのも素敵です。

秋の「ブラック」は、一枚で主役になるデザインを

着られるアイテムが増えて、おしゃれがますます楽しくなる秋。落ち着いた表情の定番カラー「ブラック」は映えるデザインを取り入れると、スタイリングが華やかになりますよ。ジャンパースカート、ワンピース、ドッキングスカートなど、とっておきの一枚を用意しておきましょう♡

秋に映える「ブラウン」は毎日でも着たいカラー

トレンドカラーとして人気が継続している「ブラウン」。秋こそ主役を任せられ、よりいっそう映えること間違いなしです! 色に迷ったら積極的にブラウンを取り入れてみましょう。

一気にコーデが秋めく「カーキ」

カジュアル感が強い印象がある「カーキ」。しかし秋に着るとこっくり感が季節にマッチして、グッとシックな雰囲気を醸し出します! 配色は黒や白など、ベーシックカラーと合わせて大人に仕立てて。

The following two tabs change content below.
mami

mami

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。