「おしゃれな人」はなぜオシャレに見える?【50代シンプルきれいめ・accoさんの法則】

「日々の暮らしが忙しすぎて、気がついたら今月は1着も服を買っていなかった」そんなことも多い50代女性。どんな服が自分に似合うか、どんなアイテムが人気なのか、リサーチするのも面倒になってしまっている……なんてことはありませんか?

ちょっとした工夫やパターンを掴めば、おしゃれに見せる手段はいくらだってあるんです。きれいめシンプルなコーデがよく似合う「accoさん」のコーデを参考にしてみましょう!

【法則1】自分に似合う美しい色を知っている

絶妙なライトブルーの美しい色合いに心惹かれるリネンシャツ。クタッとした風合いがこなれ感のあるリネン素材は、大人の女性にこそよく似合います。さらに上品さが際立つようなライトブルーカラーが、顔周りを明るく見せてくれる効果を発揮。

ちょっと高いかなと思っても、風合いが良ければ買ってきっと損はなし。長く使えることを願って、自分に似合う一着を購入してみましょう!

【法則2】ホワイトワンピースを気負わずにさらっと着こなす

今季らしさを感じる、ゆったりとしたシルエットが着心地のいいホワイトシャツワンピース。バルーンスリーブやバンドカラーがこなれ感のあるデザインに、シャツ素材の清潔感ある風合いがプラスされた逸品です。

こんなディテールにこだわった一枚なら、50代女性にも気負わずに着こなしやすいはず。バッグやシューズはブラックでシンプルに引き締めるのがGOOD!

【法則3】色を使いすぎずシンプルにまとめる

おしゃれ見えの近道は、色を使いすぎずにシンプルにまとめること。その上で素材の質感や組み合わせにこだわれば、エレガントなコーデは作れるはずです。

ライトベージュのカットソーにホワイトのロングフレアスカートを合わせて、爽やかにまとめているのが素敵。特にホワイトのスカートは広がりすぎず、ぴたっとし過ぎない落ち感のあるシルエットが品よく見える一着です。

【法則4】ベーシックなアイテムこそ上質なものを選ぶ

トレンドを意識することも大切だけれど、50代になったら自分に似合う定番服をメインに選ぶ方がコーデのレパートリーは増えていくはず。

セットアップ風に着こなしたネイビーのロングスリーブシャツ×ロングフレアスカートは、単品でも着回しやすいデザインなのが魅力。オフィスにはもちろん、お出かけにも最適な上質な一着を、ワードローブに少しずつ増やしてみませんか?


【「おしゃれな人」はなぜオシャレに見える?】そのほかの人気記事
The following two tabs change content below.
bossa

bossa

学生時代から女性誌のライターアシスタントを数年、その後男性情報誌を手掛ける出版社で広告記事作成などに携わる。現在はファッションメディアを中心としたフリーライターとして活動中。