じわじわ復活してる「ブラックスキニーパンツ」が今使えます! 最旬コーデ特集

ここ数年、ワイドパンツやフレアパンツの流行で影を潜めていた「スキニーパンツ」。でもここにきてファッショニスタのスナップで見る機会がグッと増えたと思いませんか? そうなんです、実は今じわじわ復活してきているんです。

そこで今回は、中でも人気の高い「ブラックスキニーパンツ」に注目して最旬コーデをお届け。合わせるトップス別にご紹介するので、ぜひお気に入りのスタイリングを探してみてくださいね。

「ニットベスト・ビスチェ合わせ」の最旬スキニーパンツコーデ

まずご紹介するのは、トレンドど真ん中の最旬スタイルから。流行のニットベストやビスチェコーデにブラックスキニーパンツを投入することで、重ね着をすっきり着こなすことができます。

こちらは、オーバーサイズのニットベストにブラックスキニーパンツを合わせて下半身をスッキリまとめたコーデ。シルエットとブラックで引き締めているので、スタイルアップは間違いなし!

 

ニットビスチェで作るペプラムシルエットも、ブラックスキニーパンツのタイトなシルエットのおかげで重ね着のよさが引き立ちます。ブラックスキニーはトップスをより可愛くしてくれる、縁の下の力持ち的存在!

「ブラックスキニー×ブラウス」で洗練されたシルエットに

ブラックスキニーパンツにブラウスを組み合わせると、「ふわ×ピタ」なバランスがおしゃれな洗練シルエットが完成。甘いブラウスを大人っぽく着たい日に試してみてください。

こちらは、ブラウンのサックブラウスにブラックスキニーパンツを添えたスタイリング。落ち着いた色合いと好バランスなシルエットの相乗効果で大人のこなれ感が漂います。

 

ボリュームスリーブやレース素材など甘いディテールが際立つブラウスも、ブラックスキニーパンツで引き締めれば即大人コーデに昇華! よりスタイルアップしたい日は、ウエストをキュッとタックインしてみてください。低身長さんにもおすすめの着こなしです。

「オーバーサイズニット合わせ」で全体のボリューム調整

着崩したようなサイズ感が今っぽいリラックス感を作る「オーバーサイズニット」。ワイドパンツで全身ゆるっと着るのも可愛いけれど、鮮度を求めるファッショニスタはブラックスキニーパンツを使うことも。

こちらは、秋冬らしいボルドーカラーのVネックニットを主役にコーデ。トップスがオーバーサイズ、ボトムスにスキニーパンツの組み合わせだと、下半身の華奢見えが叶います。黒で引き締めればなおさらスタイルアップ!

 

着膨れしやすいタートルネックニットもブラックスキニーパンツに頼れば、簡単にセンスのいいスタイリングに。ボトムスがシンプルな分、腰回りのインナー重ね着が引き立ってオシャレなアクセントになっていますよね。

「ブラックスキニー×スウェット」の定番カジュアルもやっぱり可愛い

ブラックスキニーパンツといえば「大きなサイズのスウェットを合わせてカジュアルに着る!」という方も多いのでは? 定番のカジュアルスタイルは今見てもやっぱりカワイイ。よりおしゃれに見せるコツをご紹介します。

こちらは、ベージュのオーバーサイズスウェットにブラックスキニーパンツを合わせたコーデ。レオパード柄のバッグで柄を投入することで、シンプルスタイルの奥行きがグッと高まります。

 

こちらも配色は似ていますが、インナーを裾からフリルのように見せることで、腰回りに立体感をプラスしています。スウェット×スキニーパンツのシンプルコーデは、小物使いや重ね着テクニックで地味見えをさりげなく回避するのがおしゃれに仕上げるポイント。

どんなデザイントップスでも合わせられるのがブラックスキニーの実力!

最後に、デザイントップス×ブラックスキニーパンツのコーディネートを二つご紹介。ブラックスキニーはミニマルなアイテムだからこそ、どんなデザイントップスも受け入れてくれる存在です。その実力を再確認してみて。

こちらは、ブラウンのノルディックニットにブラックスキニーパンツを合わせた大人カジュアル。ひとクセある柄トップスも、ブラックスキニーならすべて受け入れてくれます! よりまとまり感を追求するなら、柄の一部分とスキニーの色を揃えると統一感が増しますよ。

 

布帛とスウェット生地が複雑に切り替わったモードなトップスも、ミニマルなブラックスキニーパンツを合わせればパーフェクトなおしゃれコーデに。「挑戦してみたいけれど、ちょっと着こなしが難しそう……。」そんなトップスがあったら、ぜひブラックスキニーを合わせて楽しんでみてください。


「着回し」の人気記事>>
The following two tabs change content below.
m.NaNa

m.NaNa

アパレル業界にてファッションデザイナーを経験。鮮やかなカラーが好きでカラーコーディネートにこだわったブランディングに従事。現在はフリーのデザイナー兼ライターとして活動中。