「コク色」で秋ファッションを楽しむ♪ こっくりカラーのお手本コーデ25選

深みのあるコク色が映える秋。「いつもベーシックカラーばかり」という方も、ぜひコク色アイテムに挑戦してみてください。落ち着きのあるこっくりとした色味だから、カラーアイテム慣れしていなくても着こなしやすいはずですよ。

今回は「ワインレッド・ディープグリーン・ブリックカラー・ダークブラウン」を合わせ方と共にご紹介。ぜひ今秋はこの4色に注目してみてくださいね。

「ワインレッド」を定番カラーに添えて女性らしく

最初にご紹介する注目の秋色は「ワインレッド」。こっくりとした赤みにより女性らしさを引き出してくれるカラーです。

おすすめの配色は「白・黒・グレー」のモノトーンカラーに合わせること。定番色に女っぽさを添えてコーデするのが素敵です。

知的に映える「ディープグリーン」できれいめに

グリーンの中でも深みのあるトーンを選ぶとグッと知的な印象に。きれいめコーデ派さんにおすすめしたいのが「ディープグリーン」です。

ハードルが高そうな色味に思えますが、馴染みのあるカーキと似た感覚で着られますよ。カラーアイテムが苦手な方でも取り入れやすいはずです。

秋っぽいのに重くない! 寒い季節のコーデを鮮やかにする「ブリックカラー」

「ブリックカラー」とはレンガ色のことで、赤みのある茶色を指します。秋冬らしいこっくり感はありながら、重く見えないカラーのため使い勝手がいいんです。「最近のコーデは暗カラーが多かったかも」なんて方は、スタイリングを新鮮に更新できるので試してみて。

使いやすい正統派! 秋カラー代表「ダークブラウン」

手持ちアイテムとの合わせやすさを重視するなら、コーデが組みやすい「ダークブラウン」がイチ押しです。シックな雰囲気はありつつ定番色だから、どんなカラーとも相性抜群!


「配色」の人気記事>>
The following two tabs change content below.
mami

mami

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。