結婚式のお呼ばれバッグ、マナーは? 外さない選び方とアイテムを伝授!

いざ結婚式にお呼ばれされると、「バッグ」の選び方に困ることがありませんか? 「なんとなくクラッチバッグかな」という印象をお持ちの方が多いかと思いますが、結婚式参列では素材や装飾に気を付けたいポイントがあるんです。せっかくドレスアップする機会ですから、マナーもきちんと押さえた上でお祝いに参加したいですよね。

そこで今回は、結婚式にお呼ばれしたときのバッグ選びとマナーについて徹底解説! 素敵な小物使いをマスターしてワンランク上の着こなしを目指しましょう。

【1】落ち着きのある「サテン地バッグ」でマナー美人に

お昼の結婚式では、実は装飾の多すぎるバッグはNG。特に、神前式など厳かな場所で執り行われる式に参列する場合は、落ち着きのある素材感のアイテムを選ぶのが正解です。

マナーとして一番よいとされているのが布素材なので、落ち着いた品格のある「サテン地のバッグ」がおすすめ。こちらのように華やかさもあるデザインならお祝いの席にぴったりですよ。

【2】「シンプルデザインのバッグ」で上品に

「シンプルなクラッチバッグ」はどんなドレスにもマッチするので、一つ持っておくと重宝するはずです。スナップのようなブラックベースかつゴールドのアクセントが入ったものは、落ち着きがありながら華やかな印象をプラスしてくれる銘品。

レザー製品は避けるのがベターとされているので、フェイク素材であるのも嬉しいポイントです。3WAY仕様なのでショルダーやハンドバッグとしても使えますよ。

【3】「ビーズやパール使いのクラッチバッグ」でエレガントに可愛らしく

少し華やかさを感じるものを身に着けたい方におすすめなのが、スナップのような「ビーズをふんだんに使用したクラッチバッグ」。上品さとお祝いの席にふさわしい素材が、ドレスをいっそう美しく見せてくれるはずです。

こちらのアイテムはチェーンが付いているので肩掛けも可能。マチもしっかりあるから機能面でも頼もしい一品です。

【4】ナイトウェディングには「キラキラと煌くバッグ」を

「ナイトウェディング」とは、夕方から夜にかけて行われる結婚式のこと。夜に執り行われる式に参列する場合は、服装や小物のマナーが昼とはガラッと変わるのをご存知でしょうか?

お昼の式では輝きの強いものはNGでしたが、夜は「ビジューなど煌きのある素材の小物」を身に着けるのがマナーとされています。スナップのようなキラキラとしたクラッチバッグは、そんなシーンにイチ押しです。


「結婚式お呼ばれコーデ」の人気記事>>
The following two tabs change content below.
naco

naco

セレクトショップ販売員などを13年以上経験し、近年はファッションライターとして活動。シンプルなスタイルの中に、少しエッジを効かせるのが好みの36歳。「おしゃれは自分を高めるための最高の武器」だと思っています。素敵なファッションライフのお役に立てたら幸いです。カラーコーディネーター/フォーマルスペシャリスト資格保持。