今マネできる「カラー」の取り入れ方。おしゃれさんの最旬コーデから配色を学ぶ!

スタイリングを格上げするのに役立つ「色」。おしゃれな人はセンスのいい配色でコーデを組んでいるんです。

でも、カラーアイテムを着るときは白や黒の無彩色とつい合わせがち。もちろん大いにアリですが、「カラー×カラー」の組み合わせにも挑戦したいですよね。失敗しないためには、おしゃれさんのマネをするのが一番です!

今回は#CBKモデルのカラーコーデをたっぷりとご紹介。色の組み合わせに悩んだら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【ブラウンを着る日】→ 「ブルー」を差し色にすれば新鮮!

長く人気が続いている旬色「ブラウン・ベージュ」。実はブラウン系カラーには「ブルー」が相性バツグンなんです! こっくりとした色味に爽やかな抜け感をプラスしてくれますよ。

スナップでは、サックスブルーのカーディガンを肩掛けしてコーデの差し色に。ワンピースの着回しバリエーションも増やせるので、マネしたいアイデアですよね。

【イエローを着る日】→ 「グレージュ」できれいめとこなれ感の両方を叶える!

目を引く「イエロー」は、落ち着いたカラーを合わせることで大人っぽくまとまります。黒を合わせて引き締めるのも手ですが、おすすめしたいのは「グレージュ」です!

黒×イエローほどコントラストが強くならず、きれいめな印象に。グレージュ特有のこなれ感も手に入るので、魅力的な組み合わせです。

【オレンジを着る日】→ 「ベージュ」を合わせてまろやかに

お目立ちカラーの「オレンジ」はハイセンスに仕上げたいときに重宝する色。しかし、その派手さゆえに抵抗感がある方も多いのでは? そこで、ぜひ「ベージュ」を合わせてみてください。ナチュラルな要素がプラスされ違和感なく馴染むんです。

スナップではさらに、全体がぼやけないようにひと工夫。靴に黒を選びキュッと引き締めています。これならバランスのいい大人っぽさにまとまりますよ。

【カーキを着る日】→ 「赤」で女っぽさを足す!

「カーキ」はどちらかというとカジュアル感が強く、ラフな服装が気分のときにぴったりなカラー。少し女っぽさも欲しい日は、ぜひ「赤」を足してみて。

存在感のある色なので範囲は小さくてOK。チラ見せさせるだけで、さりげなくレディ感をアップしてくれますよ。カジュアルコーデにマンネリを感じたら、ぜひ赤を取り入れてみてくださいね。


「配色」の人気記事>>
The following two tabs change content below.

mami

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。