旬色「ベージュ」はワントーンだけじゃない! まろやかさを生かす配色って?

長らく続いている「ベージュ」の人気。白やブラウンとのワントーン系コーデを作ることにマンネリを感じていませんか?

そろそろ気分を変えたい方は、ぜひ【ベージュ×カラー】で組んでみてください。カラーアイテムというと、合わせるアイテムには白や黒を選ぶことが多いはず。ベージュとならまろやかな配色コーデが楽しめますよ。

【1】洗練されたまろやか配色「ベージュ×ブルー」のコーデ

まろやかなベージュをスッときれいめに見せてくれる色が「ブルー」です。どんなトーン同士でも好相性なので失敗なく配色できますよ。お手持ちにベージュアイテムが多い方は、積極的にブルーを合わせてみてくださいね。

【2】大人っぽい甘さを出すなら【ベージュ×ピンク】のコーデ

甘いイメージのピンクを大人っぽく着るなら、ベージュ合わせがおすすめです。コーデが組みやすい淡い配色ながら、おしゃれ上級者見えする装いに。ビビッドなピンクもベージュと好相性です。

【3】センスよく仕上げるなら【ベージュ×パープル】のコーデ

程よい女性らしさが魅力的な「パープル」は、ベージュと配色することで優しい雰囲気に仕上がります。さらには、甘め・カジュアル・シンプルと、どんなテイストもきれいめにまとめてくれるのが嬉しい♡

くすんだ色味のパープルを選ぶとベージュと合わせやすく、コーデもカンタンですよ。

【4】絶妙にマッチする【ベージュ×オレンジ】のコーデ

印象の強い「オレンジ」はベージュを配色することで、ニュアンス感が出て落ち着いた雰囲気にシフトします。

オレンジは黒や白と合わせることが多かった、なんて方はぜひベージュを使ってみてください。コーデの幅がグーンと広がりますよ。


「配色」の人気記事>>
The following two tabs change content below.
mami

mami

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。