結婚式のアクセサリーどうする? おすすめアイテムとマナーを徹底解説!

いざ結婚式にお呼ばれされると、いろいろなアイテムを揃える必要が出てきますよね。中でも「アクセサリー」は華やかさをプラスしてくれる反面、どんなものを選べばいいのか悩ましいところ。マナーとしてOKなのかNGなのかわからないと、着けて行くことすら考えてしまいがちに。

そこで今回は、結婚式にお呼ばれした際のおすすめアクセサリーをマナーと併せて徹底解説。素敵なドレスアップ美人を目指しましょう♪

【1】フェミニンからモードまで♡ コンパクトなパールチョーカー

結婚式にお呼ばれした際のアクセサリーで代表的なものといえば「パール」。白色のアクセサリーは花嫁さんと被ってしまうのでNGですが、パールならOKです。

着けるだけで上品な印象を作り出してくれるので、1点持っておくと役立ちますよ。特にスナップのようなチョーカータイプは顔まわりの印象をぐっと華やかに。フェミニンにもモードにも、あらゆるスタイルにハマるはずです。

【2】絶対に持っておくべき! 3連パールのネックレス

2連や3連などのパールネックレスってOKなの? とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんね。実はマナー的にまったく問題ないんです。

お悔やみごとでは「不幸が重なる」ことを連想させるので1連がマストですが、結婚式は「喜びが重なる」という意味合いで多連のネックレスはむしろぴったり! ドレスをよりいっそう華やかに見せてくれるので、ぜひ持っておきたいですね。

【3】ドレスアップにぴったりな華やぎ感♡ 「ゴールド×パール」の耳アクセ

シルバーやゴールドなど華やかさのあるアクセサリーで耳元を飾るのも素敵。ゴールドとパールを掛け合わせたタイプなら、ドレスアップスタイルにもよりしっくりとハマるはずです。

スナップのアイテムは、さりげなくゆらゆらと揺れるモチーフも女性らしくてスタイリッシュ。マグネット式なので、ピアスホールが開いていない方も安心して着けられますよ。

【4】夜にキラキラと輝く! 大ぶりなビジューピアス

夜の結婚式は、昼の結婚式とはマナーが変わります。昼はマットで輝きの少ないアクセサリーが良しとされていますが、夜はキラキラときらめくアイテムを着けるのがマナー。

こちらのような「大ぶりのビジューピアス」は夕方から夜にかけてのお呼ばれシーンにぴったり。顔まわりがとても華やかに映りますよ。

The following two tabs change content below.
naco

naco

セレクトショップ販売員などを13年以上経験し、近年はファッションライターとして活動。シンプルなスタイルの中に、少しエッジを効かせるのが好みの36歳。「おしゃれは自分を高めるための最高の武器」だと思っています。素敵なファッションライフのお役に立てたら幸いです。カラーコーディネーター/フォーマルスペシャリスト資格保持。