「服に着られてる感」を解決! ロング丈コーデをバランスよく見せる4つの攻略法

ロング丈ブーム全盛期の今。しかし「なんだか服に着られてる」「センスよく見えない」という声もチラホラ聞こえてきています。

そこで今回は、この冬欠かせないロングアイテムをバランスよく着るための攻略法を伝授。旬コーデをお手本に学んでみましょう!

【攻略法1】最旬ロング丈を「辛口ヒールブーツ」でスッキリさせる!

この冬ぜひトライしたいのは、ロング丈同士を組み合わせたレイヤードコーデ。スナップのような旬のボリュームスリーブニットやシックなパンツを選んで大人可愛く仕上げたいところ♡

それを叶えるのが、ヒールのあるシャープなスクエアトゥブーツです。ブラックパンツと足元が繋がり、キリッと感を出しつつスタイルアップまで手に入ります。

【攻略法2】「ロングアウター×ハイウエストパンツ」のダブル使いで美スタイルに!

羽織るだけで縦ラインを強調できるロングアウターは、全体をすっきり見せたい人はもちろん、小柄さんにも取り入れてほしいアイテム♡ スナップのようにハイウエストパンツを合わせることで、腰高&脚長効果が倍増します。

それでもやっぱりアウターに着られてしまう……、そんなときは色を変えてみて。ベージュやブラウンなど女っぽいまろやかなカラーでまとめれば、気になるモタつき感を回避できますよ。

【攻略法3】上下を「ゆるピタ」で作りメリハリUP!

立体感のあるフーディは抜群の小顔効果を発揮してくれる嬉しい一枚。少し長めで、体が中で泳ぐようなオーバーサイズのフーディなら「スキニーパンツ」が好相性です。メンズライクに転びがちなスタイルになるところ、細身ボトムの効果で女性らしさが引き立ちます。

また、ダウンやボア素材などボリュームのあるアウターを羽織るときは、フーディと丈を揃えてみて。さらにメリハリが強調されてバランスよく仕上がります。

【攻略法4】柄ロングスカートは「ウエストマーク」のひと手間で体型カバー

「ロング丈×柄」のハードルが高めなスカートは、ウエストまわりのアレンジで難なくクリア!

例えば、スナップのようなフィット感のあるニットなら裾をオールインする。ブラウスであれば、オールインした後に少しブラウジング。ゆるめのコンパクトトップスを着るときは、前だけインなど……。

こんな風にウエストマークすると視線が上がり、すらっと高身長に見せながら細見えも叶えてくれますよ。


「バランス」の人気記事>>
The following two tabs change content below.

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。