素敵な人は「ホワイト」を上手に使う! 冬の着こなしを軽やかにする方法

「ホワイト」の服装は季節により着こなしや素材が変わり、違う雰囲気がありますよね。例えば、夏であればコットンやリネン素材を1枚で着る単色のキリリとしたホワイト。冬はファーやニットなど素材と色を重ねる、しなやかなホワイト。

今回はそんな「ホワイト」に注目! 軽やかに取り入れた理想の冬スタイルを4つご紹介します。#CBKモデルはどのようにホワイトを活用しているのか、一緒にチェックしていきましょう♪

「ホワイトのファーアウター」が、しなやかな冬スタイルを叶える

冬の美しさを際立てるホワイトのファーコートには、歩くたびに華やかに揺れるロングスカートが好相性♡ ファーは主張しすぎないデザインを選び、軽やかなプリーツスカートを合わせれば、バランスの取れたスタイリングに仕上がります。

足元は、旬のロングブーツをセレクトしてビターな味付けを加えるのがおしゃれ技。

「ホワイトストール」が冬のモノトーンをいっそう美しく見せてくれる

顔色を明るく見せるレフ板効果があるホワイト。顔まわりが寂しくなりがちな大人世代こそ取り入れたいカラーなんです。

襟にホワイトを持ってくるだけでも、重たくなりがちな冬コーデがぐっとリズミカルに見えますよ。スナップのような大判のストールなら暖かさはもちろん、小顔見せにもひと役買ってくれるはずです。

ホワイトは柄コーデの引き立て役にも適任!

こちらはホワイト×グレーのチェック柄コートが主役のスタイル。合わせるコーデはアウターに使われているカラーと同じような配色を作るのが、柄物をうまく取り入れるコツです。

ブルーデニムパンツとグレーのシンプルなタートル。そこにホワイトのスニーカーを添えることで、色合わせも抜け感もパーフェクト。仕上げにチェックコートを羽織れば、今欲しい絶妙なバランスが全て手に入ります♡

ホワイトからベージュへ。ニュアンスのある冬スタイルを

ホワイトからベージュへ少しずつカラーをレイヤードしたニュアンスのある配色。上級者だから作れるおしゃれテクニックです♡

スナップのようにスキニーパンツを合わせれば、すっきりとした仕上がりに。反対に、プリーツスカートなどあえてエレガントなボトム合わせでカジュアルダウンすると、ラフなダウンジャケットが大人っぽく着こなせますよ。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。