【オールブラックのコーデ】おしゃれな40代はどう着てる?

すっかり定番コーデとなった「オールブラック」。全部を黒にするだけでOK!と考えがちですが、実はちょっとしたコツで何倍にもおしゃれに見えるんです。

ブラックは定番色だからこそ、上品に見えるか見えないかがくっきり分かれてしまうカラーでもあります。特に40代の大人の女性にとっては、エレガントに見せることは最重要な課題ですよね。

そこで今回は、オールブラックコーデの名手である#CBKモデル「石田祥子さん」のスタイリングから、そのコツを学んでいきます。頼れる色No.1のブラックを味方につけて、充実したファッションライフを楽しんでくださいね♡

オールブラックのコツ1:「柄」で遊びのあるスタイルに

オールブラックコーデを簡単におしゃれに見せる方法として、最初に紹介したいのが「柄」を取り入れる技です!

例えばスナップの黒スカートが無地だったら、やや寂しい印象になっていたかも。ドット柄を選ぶことでスタイリングに遊びのエッセンスが加わり、ぐっと華やかさのあるコーデに変化。柄物のブラックアイテムを持っているなら、ぜひマネしてみて。

オールブラックのコツ2:絶妙な「肌見せ」で軽快さをプラス!

上下をブラックのアイテムでまとめただけでは、どうしてものっぺりと平坦な印象に。そこで取り入れたいのが「肌見せ」のテクニックです!

石田祥子さんのように、ホワイトのインナーをチラ見せして肩を覗かせることで、メリハリ感のあるスタイルに昇格します。足元はヘルシーさを加速させるヌーディーカラーのファーフラットパンプスを選べば、パーフェクトなルックに。

オールブラックのコツ3:「異なるファブリック」で立体感を作る!

トップスはコットン、ボトムはレザー……と、同じブラックでも素材を変えると着こなしに立体感が生まれ、ぐっとおしゃれに。

石田祥子さんは、オーバーサイズのスウェットにエコレザーのパンツを合わせて、カジュアルな中にモード感が漂うスタイルを実現しています。ホワイトのスニーカーで軽さを出しているところもマネしたい!

オールブラックのコツ4:「足首見せ&フラットパンプス」でラフな抜け感を

ブラックのマキシ丈ワンピースは、一枚あればコーデが即完成する優れモノ。しかし、ただ着るだけではNG。このアイテムをおしゃれ見えさせるポイントがあるんです。それは「足首を見せる&フラットなパンプス」を選ぶこと!

ロング丈のワンピースは、どうしても重たく見えてしまいがち。足元で適度な肌見せとラフ感を出すことで、こなれた表情になるんです。ぜひトライしてみてくださいね!


「40代」の人気記事>>
The following two tabs change content below.

naco

セレクトショップ販売員などを13年以上経験し、近年はファッションライターとして活動。シンプルなスタイルの中に、少しエッジを効かせるのが好みの36歳。「おしゃれは自分を高めるための最高の武器」だと思っています。素敵なファッションライフのお役に立てたら幸いです。カラーコーディネーター/フォーマルスペシャリスト資格保持。