春、「ブルー」のススメ。いま青が着たい5つの理由

一気に春らしくなってきた近頃。カラフルな色が飛び交う季節、中でもおすすめのカラーが「ブルー」です。

鮮やかでありながら派手すぎず、春らしい軽やかさとシーンを選ばず使える品のよさと好印象さ。さらにベーシックカラーだけでなく色モノ合わせでもまとまりやすく、まさに春にぴったりの万能カラーです。

ファッショニスタのコーディネートをもとに、春に「ブルー」をまといたくなる理由をご紹介します。

1:春の「黒」を爽やかに見せる

暖かくなり明るい色が増えるこの季節は、今まで当たり前に着ていた「ブラックアイテム」が余計に重たく見えるタイミング。ホワイトと合わせたモノトーンスタイルもなんだか味気ない……。

そんなときは軽やかな「ブルー」を取り入れてあげると、一気に爽やかで春らしい印象に。もしブラックの比率の方が多くても大丈夫! ブルーの1点投入で見違えます。

2:いま着たい「カジュアルアイテム」が品よく見える

この春もトレンドのフーディなどの「スウェット」アイテム。楽ちんな上に、手軽にカジュアルになれるから取り入れたいのだけどラフに見えるのは嫌……、そんな人も多いですよね。

でも色が「ブルー」ならその不安は解消できます。カジュアルさはありつつも、大人っぽい上品さが漂います。

3:久しぶりに来た「デニム気分」にちょうどよく応えてくれる

最近デニムパンツが豊作だからか、久々にやってきたデニム気分。でも久しぶりすぎて、どうコーディネートすべきか戸惑うことも。

そんなときは「ブルー」のトップスと合わせてみて。ちょうどいいきれいめカジュアルが手に入るのはもちろん、トレンドのワントーン風にもなり、着こなしの迷いが消えるはず。

4:春に着たい「甘めアイテム」をフェミニンにしすぎない

暖かくなると着たくなる「ワンピース」や「スカート」などのフェミニンなアイテム。だけど、冬にフェミニンとは無縁だった人がいきなりシフトチェンジするのは難しいもの。

そんなときも「ブルー」をチョイスすればOK。ロマンチックなアイテムも、ブルーのおかげで大人顔に変わります。

5:トレンドの「ワントーン」を難なくスマートに

まだまだ人気の「ワントーンコーデ」。色を合わせるだけだから簡単かと思いきや、意外とバランスが難しい面も。

でも「ブルー」でまとめれば難なくクリア! 色の持つ力で野暮ったく見えず、コーディネートも決まりやすいんです。

The following two tabs change content below.

mayu

アパレルブランドの販売員、ファッション誌のライターアシスタントを経験。ファッションやコスメが大好き。映画も人生に欠かせません♡