買って損ナシ! 4本のワイドパンツ

ワイドパンツは重心が下がりやすいため、苦手意識を持っている人が多い様子。しかし、例えば低身長さんならハイウエストタイプを選ぶことで簡単にスタイルアップができたり、ゆったりとしたシルエットが脚の悩みをカバーしてくれたりと、実に優秀なアイテムなんです。

今回は使えるワイドパンツを4本、コーデと共にご紹介します。#CBKモデルをお手本にすれば苦手意識が消えるかも?!

【黒ワイドパンツ】白をプラスして都会的なモノトーンに!

最初にご紹介するのは「黒」のワイドパンツ。脚のコンプレックスをカバーしつつ、美しいラインにより女性らしさも演出できると万能です!

スナップでは、白シャツ×ニットベストのレイヤードトップスに黒ワイドパンツをプラス。白を配置することで、ブラック多めの着こなしでも重たく見えない絶妙なモノトーンコーデに仕上げています。

【デニムのワイドパンツ】きれいめアイテムと合わせてオールシーズン使う!

「デニム素材」のワイドパンツを持っていると、季節ごとのオシャレが1枚で楽しめてお得です♡ 夏にはオフショルダーのブラウスを、秋になったらアンサンブルニットにチェンジ。こんな風にきれいめなアイテムを合わせてデニムのカジュアルさを中和すると、大人の女性らしい雰囲気が演出できますよ。

スナップでは、シャツワンピースの下にワイドパンツをレイヤード。トレンドカラーであるイエローのバッグを添えて、春らしい休日スタイルに仕上げています。

【とろみ素材のワイドパンツ】すぐに今っぽくなれる!

ワイドパンツはちょっとカッコよくキマりすぎる……。そんなお悩みがあるなら「とろみ素材」のワイドパンツを選んでみて!

スナップでは旬のシアーブラウスと合わせて、甘さ控えめな大人のモノトーンコーデを満喫。さらに素材感が似たジャケットを用意しておくと、通勤にも使えて便利ですよ♡

【センタープレスのワイドパンツ】上質な一本をオンオフ着回す!

最後にご紹介するのは、「センタープレス」が入ったきちんと見えするワイドパンツ。着こなしの幅が広く、ワードローブに常備しておきたい一本です。

スナップのようなざっくりとしたニットを合わせても、堅実なパンツが大人っぽいオフィスコーデへと導いてくれます。もちろんパーカーやTシャツともマッチ。ラフなスタイリングをリッチに格上げしてくれる優秀さが、ワイドパンツの魅力です♡

The following two tabs change content below.

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。