ピスタチオに合う色は? 春夏秋冬のおすすめコーデ

ここ数年、人気が高い「ピスタチオ(ピスタチオグリーン)」。黄色とライトグリーンを混ぜたような柔らかい色合いが特徴です。ただオシャレ度が高いカラーだからこそ、どんな色合わせで楽しもうか迷うことも……。

そこでこの記事ではピスタチオに合う色を、春夏秋冬のシーズン別お手本コーデと一緒に徹底レクチャー! ぜひワードローブにピスタチオを取り入れてみてくださいね♪

【ピスタチオに合う色】春のおすすめコーデ

春にピスタチオを着るなら、パッと抜け感を演出できる「ホワイト」や、春らしい華やかさを表現できる「パステルカラー」合わせがおしゃれに見えます。

まずはピスタチオカラーのワンピースを主役に、ホワイト小物を添えて程よく抜け感を作ったコーデから。ワンピース単品で見ると派手に感じますが、そこに少量のホワイトを加えることで一気に親しみやすくなりますよ。明るい色味が生き、春らしい軽やかさもプラスできます。

 

ホワイトの面積が広くなると、より爽やかで明るい印象にシフト。スナップではティアードブラウス×フレアパンツでトレンド感のあるシルエットに。トップスにホワイトを持ってくることで、ピスタチオ初心者さんもぐっと着こなしやすくなるはず。

 

淡く柔らかい色同士の「パステルカラー」もピスタチオと相性バツグンです。スナップでは、ラベンダーを合わせて春らしい明るい装いに。

その他にパステルピンクやミントグリーン、同系色のパステルイエローなども合わせやすく、春の気分を盛り上げてくれます。

【ピスタチオに合う色】夏のおすすめコーデ

夏はピスタチオを自然に見せてくれる「ブラウン・ベージュ・アイボリー」を合わせて、アースカラーコーデを楽しむのがおすすめです。ナチュラル配色なので、好感度の高い大人スタイルが作れますよ。

こちらは、ピスタチオのサマーニットにブラウンワイドパンツを合わせたリラックスコーデ。どちらも自然の中にある色なので、目に優しく好バランスな夏のカラーコンビに仕上がります。程よくメリハリがつく配色のため、ゆるコーデもおしゃれに決まりますよ。

 

パンツの色をアイボリーに変えると、より明るく爽やかに清涼感を漂わせることができます。ベージュを使っても同じような雰囲気に仕上がりますよ。少し地味に感じたら、サテンやシフォンなど、素材感でコントラストをつけると一気にあか抜けます。

【ピスタチオに合う色】秋のおすすめコーデ

秋はピスタチオに「デニムブルー」を合わせて大人カジュアルに。ピスタチオ自体に落ち着いた雰囲気があるので、デニムのカジュアルさをちょうどよくクラスアップしてくれるんです。

こちらは、ピスタチオのニット×インディゴブルーデニムパンツでシックな大人カジュアルに。加工感の少ない濃色デニムを合わせると、ピスタチオの落ち着いた大人感を生かせます。ワイドパンツ・ショートブーツを合わせて少しきれいめに仕上げると、より秋らしいコーデに。

 

ウォッシュのかかった淡いブルーのデニムパンツなら、カジュアルさが増して親しみやすいコーデにシフト。軽やかさも表現できるので、オーバーサイズのゆるコーデもバランスアップできます。カジュアルな着こなしですが、ピスタチオがしっかり大人っぽさを演出してくれますよ。

【ピスタチオに合う色】冬のおすすめコーデ

冬にピスタチオを着こなすときは、「ブラック」でシックに引き締めるのがおすすめです。大人っぽいピスタチオがスタイリッシュに変わり、洗練されたスタイリングを楽しめます。

こちらはピスタチオニット×ブラックスキニーパンツのミニマルコーデ。ロングブーツやきれいめバッグを添えて、シンプルな中に大人のクラス感を漂わせています。ピスタチオをざっくりニットで取り入れると、色の深みが増しておしゃれに映えます。

 

ブラックを一カ所にまとめず、分散させるのも一つのテクニックです。例えばピスタチオのワンピースをブラック小物で引き締めたスタイリング。ブラックを散りばめることで、ティアードデザインが甘いワンピースも大人仕様で着こなせます。春のホワイト合わせとはひと味違う魅力的な装いに。

 

今回はシーズン別に分けてご紹介しましたが、素材感やアイテム選びによって季節問わず使える配色をチョイスしています。ぜひ、お気に入りの配色でピスタチオコーデを楽しんでみてください♪

The following two tabs change content below.

m.NaNa

アパレル業界にてファッションデザイナーを経験。鮮やかなカラーが好きでカラーコーディネートにこだわったブランディングに従事。現在はフリーのデザイナー兼ライターとして活動中。