【骨格別お悩み解決:ストレートタイプ編】骨格に合わない服を似合わせる方法は?

骨格診断が人気ではありますが、診断結果から選んだ服が全て自分好みとは限りません。そこでこの記事では「本当に自分が着たい服」を、骨格に似合わせるテクニックをご提案。

今回取り上げるのは【骨格ストレートタイプ】さん。メリハリボディで、どちらかというと上に重心がある体型の方に向けて解説します。

※本記事は登場するモデルさんの骨格タイプを断定するものではなく、あくまでコーデの参考としてスナップを選定しています。

甘いブラウスが着たい → 「胸元が開いた」すっきりデザインをチョイス

【骨格ストレートタイプ】さんには、きちんと感のあるシャツがよく似合います。だけど、今季はボリュームのあるフェミニンなブラウスがトレンドだから、思い切ってチャレンジしたい! そんなストレートタイプさんはいませんか?

最初にご紹介するのは、骨格ストレートタイプさんが甘いブラウスを着る場合について。上半身が重たく見えないよう「胸元が開いている」ものを選ぶのがマストです。前ボタンを外すだけでもOK。スナップのようなデザインならストレート体型に似合わせやすく、ふんわりとしたブラウスでもすっきり見えが叶いますよ。

ざっくりニットが着たい → 「Vネック」で着太りを回避

次にご紹介するのは人気継続中のざっくりニット♡ 上に重心がある骨格ストレートタイプさんは、いかに全体をすっきり見せるかが成功の鍵となります。

イチ押しなのは、スナップのような「胸元の開きが深いVネック」のカーディガン。ボトムにはベーシックな形のパンツがベスト。このシンプルで飾り気のない着こなしが、かえってフェミニンなムードを演出するんです。

オフの日コーデが似合わない → 「程よくカジュアル」でリラクシーに

“高級・きちんと・ベーシック”など、しっかりとした印象のものが似合う骨格ストレートタイプさん。ジャケット×タイトスカートのようなオフィスルックが得意な反面、オフの日コーデが苦手と感じることはありませんか?

そんなときは「程よくラフ」なアイテムを選んでみて。スナップのような直線的なボーダー柄のトップスはまさに適任です。デザインは縞の幅が太く、色のコントラストが強いものが◎。上半身をすっきり見せつつ、理想のカジュアルコーデを確立してくれますよ。

ジャストサイズが見つからない → 「素材だけ」似合うものを選べばOK

骨格ストレートタイプさんは、体に対してピタッとし過ぎるのも、ゆるっとするのも苦手。自分のジャストサイズを見つけるのは至難のワザ……なんて思っていませんか? そんなときは「素材」だけに注目し、ストレートタイプさんに合うものを選べばOKです!

スナップのシャツのように、柔らかすぎず硬すぎない「リッチなサテン」はおすすめできる素材。ボトムはタイトスカートでIラインに近づけると、ゆったりしたシャツでも着痩せして見えますよ。


「骨格診断」の人気記事>>
The following two tabs change content below.

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。