こうすれば地味見えしない! 40代以上の「おしゃれベージュ」コーデ術

上品に見えたり、合わせやすかったりと大人コーデに頼れる色がベージュ。でも少し合わせ方を間違えると老けて見えるなど、色やアイテム選びが難しい色でもあります。そんなベージュを「地味に見せない」テクニック、気になりませんか。今回は、ベージュをメインにコーディネートしても「地味見え」しないポイントをご紹介します。

ポイント1【色選び】:自分に似合うベージュを

ベージュとひとまとめに言っても、淡いトーンのホワイトに近いベージュから深みのあるブラウン寄りのベージュまで幅広い色合いがあります。

たとえば、髪の毛や瞳がブラウン系で肌に透明感がある方は黄みがかったベージュを、黒髪で色白肌の方は黄みの少ないホワイト寄りのベージュなど、「自分に似合うベージュ」を選んでみてください。

ポイント2【トップス】:こだわりのスリーブデザイン

ベージュをトップスで取り入れるなら、デザインが華やかなものを選ぶのがよりおしゃれに見せるポイント。モデルさん着用アイテムのように、特徴的なスリーブのブラウスなど少し冒険だと思えるデザインも、落ち着いた印象を与えるベージュなら気負いなくトライできるのではないでしょうか。

ポイント3【ボトムス】:シルエットと素材感

少し間違えると地味見えしてしまいがちなベージュパンツ。大人の女性が素敵に着こなすなら、シルエットと素材感にとことんこだわりましょう。

ベージュは少し膨張して見える色なので、体型が気になる方は細身すぎないテーパードシルエットを選ぶのがおすすめ。カジュアルに着こなすならスナップのようにデニムライクな素材を、エレガントに着こなすなら程よく艶のある素材が◎です。

ポイント4【小物】:個性的な素材とデザイン

控えめな印象を与えるベージュ小物を華やかに見せるなら、個性的な素材やデザインにこだわってみましょう。暖かい季節なら自然素材をふんだんに取り入れたもの、寒い季節ならファーやニットなど季節感を意識して選ぶと、「地味見え」を回避できますよ。

困ったときの万能カラーとして頼りになるベージュ。地味に見えてしまってはもったいないですよね。もともと肌なじみのよい色ですが、だからこそ選ぶのが難しい色でもあります。誰にでも「顔映りのよいベージュ」はあると信じて、あきらめずに素敵な「マイベージュ」を探してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

伊野奈緒美(Naomi.Spring)

・41歳/福岡/フリーライター/ 伊野奈緒美(Naomi.Spring)/ HP:http://naomi-spring.com/ ・元アパレルメーカー販売促進業務担当。現在は、ライフスタイルメディア・企業サイトなどWebメディアを中心に、インテリアをはじめ住宅関連・リフォーム・ライフスタイル記事のほか、電子書籍版ファッション誌ライティングを担当。【保有資格】文部科学省後援 リビングスタイリスト1級/カラーコーディネーター2級/リフォームスタイリスト3級/ ・好きなスタイル:シンプルで普遍的に素敵なコーデ、イヤリング、ショートカット ファッションがくれる「ポジティブなチカラ」、そしてファッション×インテリアのアイデアをお届けします