「ボーダーがあか抜けない問題」を解決! おしゃれに見せる新コーデ♪

定番で着回しの利く「ボーダーカットソー」。しかしボーダーって困ったときに着たり、定番すぎてあか抜けて見えなかったりして、おしゃれに着こなすイメージが湧かない人も多いのではないでしょうか。

しかし簡単な方法でボーダーを素敵に見せることができるんです。それは「ワントーン」または「グラデーション」で着ること。この方法なら簡単に、今っぽいあか抜け感が手に入ります。

この記事では詳しくコーディネートをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

「きれいめカジュアルなコーデ」が簡単に仕上がる

「ブルー」のボーダーカットソーをワントーンにすると、程よく上品な着こなしに。ボーダーじゃないかのようなこなれ感と、大人の品のよさを演出できます。パンツであってもスカートであっても、カジュアルときれいめのバランスをちょうどよくまとめてくれます。

難しい「赤ボーダー」も、同系色ならしっかりオシャレに見える

きれいめにするかカジュアルにするか、ボーダーカットソーの中でもバランスが難しい「レッド」。なかなかまとまりにくい一枚ですが、同系色でコーデすれば瞬時にこなれ見え。全体に統一感が生まれ、好バランスな仕上がりに。

「アースカラーのボーダー」こそ、ワントーンで統一感をもたせるのが正解

「ベージュ」などのアースカラーのボーダーカットソー。ホワイトなどの定番カラーやきれい色と合わせると、かえって色の渋さが際立ち、味気ない着こなしに見えることもあります。

ならば大胆に色のトーンを合わせてみて。色の持つ柔らかな雰囲気が引き立つ上、柄物であるボーダーが地味になりがちなワントーンをのっぺり見せません。

ド定番の「黒ボーダー」もシックに着られる

定番がゆえに特別あか抜けさせるのが難しい「ブラック」のボーダーカットソー。色物と合わせるのもいいですが、「なんか普通すぎる……」な仕上がりになることもしばしば。

ここは思い切って色を抑え、シンプルに徹するのがおすすめ。バランスのいいスタイリッシュな雰囲気がおしゃれさを引き立てます。

デニム好きなら試したい! 「青ボーダー×デニム」のワントーン

デニム好きなら「ブルー」のボーダーカットソー合わせをぜひ試してみて。どちらも定番ですが、色を工夫してコーディネートしただけで新鮮な見た目に。ワントーンを狙いすぎていないナチュラルな仕上がりが、デニムならではのポイントです。

The following two tabs change content below.

mayu

アパレル販売・某ファッション誌のアシスタントを経てwebライターに。トレンドやコーディネートのお悩み解決などファッションのことをわかりやすく紹介します。