「夏の赤」はどう着る? 誰でもマネできるコーデのアイデア集

「赤色」というと、シューズやバッグで取り入れる差し色というイメージを持たれがち。秋冬なら深みのある赤を洋服に使うことがあるけれど、夏はなかなか進んで手が出ないという人も。

しかし目を惹くカラーゆえに、一枚でコーディネートを彩ってくれる底力があります。そこでこの記事では、夏の「赤」のまとい方を紹介します。

インパクトの強そうな赤パンツは「白T」でサラリと着こなす

よりカラーのインパクトが強く見える「赤パンツ」。一枚で主役級のアクセントがある分、トップスはシンプルでOKです。白Tシャツをサラリと合わせるだけでコーディネートが完成します。

風になびく「赤スカート」なら涼しげ

スカートの揺れ感があれば、夏の赤も涼しげに着こなせます。スカートだからと力みすぎず、着慣れているアイテムと合わせて、気楽に取り入れてみて。スカート一枚で華やかなので、無理に着飾らなくても大丈夫。

赤ブラウスは「ノースリーブ」で爽やかに

「ノースリーブの赤ブラウス」なら夏らしい爽やかさを演出できます。トップスに鮮やかなカラーがあると、顔まわりの印象まで華やかに。

きれいめ感のある華やぎブラウスだからこそ、ボトムにはデニムパンツをチョイス。あえてカジュアルダウンさせるのがおしゃれです。

一枚で決まる「ワンピース」は赤でも有効

一枚でコーディネートが完成する「ワンピース」はもちろん赤でも有効です。派手さが気になるのであれば、リネンなどの夏らしい素材がおすすめ。女っぽさはありながらヘルシーな装いに。

秋を先取りたいなら「赤×ブラウン」の配色がイチオシ!

そろそろ秋を意識したコーディネートがしたい、という方は「赤」と「ブラウン」を組み合わせてみて。これだけで一気にコーディネートが秋めきます。Tシャツをはじめとする夏らしいアイテムも、スナップのように秋の雰囲気が漂う仕上がりに。

The following two tabs change content below.

mayu

アパレル販売・某ファッション誌のアシスタントを経てwebライターに。トレンドやコーディネートのお悩み解決などファッションのことをわかりやすく紹介します。