気持ちと気温がズレている9月、何を着ればいい? 晩夏から秋のコーデ攻略法

心は秋に向いていても、9月中旬くらいまでは気温が高い日があるもの。そんなときは気持ちと気温にズレが生じて、何を着ればいいのか悩むことってありませんか?

そこで今回は、夏の終わりから秋に向けて使える着こなしテクニックをご紹介。ぜひ参考にしてくださいね。

「夏っぽい配色」は避けよう!

まずは9月に避けておきたいNGコーデから押さえてみましょう。それはズバリ「夏を感じさせる配色」です。

天気が読めず洋服選びが難しいからこそ、知らず知らずのうちにやってしまいがちですよね。まだ暑いから涼しく過ごしたいけれど、夏っぽさが強く残っている服装では悪目立ちする恐れがあります。

例えば、白のTシャツ&シューズで作る爽やかなスタイリングは真夏には最適。しかし9月に入ると、Tシャツの白さが季節感のズレを目立たせるため、避けた方が無難かもしれません。

白T着るなら、ボトムを秋色にすればOK!

「ってことは、白Tシャツは秋に着られないの?」という声もチラホラ聞こえてきますが、そんなことはありません!

スタイリングの印象は配色で大きく変化します。夏によく着ていた配色をそのまま秋にもスライドしてしまうと、コーデに違和感が出やすいもの。そこで「なるべく避ける気持ち」が大事になってきます。

例えばスナップのように、ボトムに深みのある色を選ぶのはイチ押しのコーデ技。これなら夏に重宝した白のロゴTシャツも、まだまだ継続して素敵に着られますよ♡

まだ暑い9月。「秋色の夏服」を着てみよう!

夏に楽しんだTシャツコーデ。9月はTシャツを温かみのある色に変えるだけで、簡単に季節感のある装いが作れます。

スナップではトップスに、こっくりとしたブラウンカラーのスウェットをチョイス。半袖タイプなので、残暑が厳しくても快適に過ごせるはずですよ。

「夏のサンダル」は来年まで封印!

まだ暑いからとサンダルで出かけたら、自分以外の人は秋仕様の靴だった……。「今日の靴、間違ったかも」なんて経験はありませんか? せっかく秋コーデを作っても、つま先が出るサンダルなどを最後に合わせると夏っぽさが残りがち。

夏のサンダルは来年まで封印して、パンプスやバレエシューズに履き替えると、ぐっと秋らしさが高まりますよ。ぜひ足元のオシャレも見直してみてくださいね。

The following two tabs change content below.

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。