結局ほしいのは「着やせできる服」! オシャレに自信が持てる服&着こなし方を徹底解説

オシャレをしたいと思っても、体型を考えるとファッションがいまいち楽しめない……。そう悩んでいる人は多いもの。そこで今回は「着やせ効果の高いアイテム」を着こなし方と共に徹底解説します。

※記事中のモデルさんはみなさんスタイルの良い方ばかりですが、一般的なテクニックとしてご参考にしていただけると幸いです。

1:Vネックのロングワンピース

最初にご紹介するのは「ロングワンピース」。次の3点を押さえていれば着痩せ効果絶大です!


・Vネックなど「襟元が開いている」デザイン
・ウエストに切り替えがある
・裾が広がるロング丈


これなら、バストや二の腕など上半身の気になるパーツを自然にカバー。さらにウエストに切り替えがあることで立体感も生まれるので、シルエットのメリハリ作用で着痩せが叶います。

続いてコーデについて。今はふんわりとしたロングボトムとのレイヤードがトレンドではあるけれど、着痩せを一番に考えるなら避けた方がいいかも。インナーにボトムを仕込むのであれば、レギンスやスキニーパンツなど細身ボトムが正解です。スタイリング全体の中にひとつ「細見えポイント」をメイクしてあげると好バランスに♡

2:タイトスカート

次にご紹介するのは「タイトスカート」。お腹やヒップが目立つから私には無理……と感じる方が多いアイテムでもありますよね。確かに、上下共にフィット感のあるアイテムを組み合わせるとボディラインがモロに出てしまうので、下半身が気になる方にはおすすめしません。

しかし、ふわっとしたトップスと合わせると形成逆転! トップスの裾とピタッとしたタイトスカートのあいだに空間が誕生し、その「ゆるぴたシルエット」が痩せ見えを叶えてくるんです。

スナップのような、お腹とお尻がちょうど隠れるよう裾に前後差のあるデザイン、かつ少しゆったりとしたシルエットのトップスがイチ押し。着痩せが狙えるので、ぜひ試してみてくださいね。

3:テーパードパンツ

次にご紹介するのは「テーパードパンツ」。お腹・お尻・太ももはゆったりしていて、ひざ下から徐々に細くなるシルエット、またスキニーパンツのシャープさ&ワイドパンツの体型カバー効果と、いいとこ取りをした着痩せの神的な存在です!

スナップのように上下同色でまとめた統一感のあるスタイリングなら、さらに全体が引き締まります。ワントーンコーデは難易度が高いのでは?と不安を感じたら、同じ色で濃淡をつけたり、異素材を組み合わせたりすると、すんなり着こなせますよ。

4:「シアー素材」の羽織モノ

最後にご紹介する着痩せアイテムは「シアー素材」のシャツやカーディガン! 気温が高い日や肌露出の増える季節は、着痩せが難しいと感じる人が多いみたい。隠したいけど暑苦しいのもイヤ……、そんなときに重宝するのがシアー素材の羽織モノです。

スナップのようなミドル丈なら素材も見た目も軽やかなので、ロング丈のスカートやワンピースと合わせたとき重たい印象を払拭できます。インナーと羽織りのカラーコントランスを強めると、痩せ見え効果がさらにアップ。ぜひトライしてみてくださいね♡

The following two tabs change content below.

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。