「太った?」なんて言わせない! 着膨れしない秋のニットコーデ攻略法

オシャレの大敵は着太り! せっかく可愛い服を着てテンションを上げても、「あれ、太った?」なんて言われると気分もコーデも台無しに。中でも秋に活躍するニットは、着膨れが心配なアイテムですよね。

そこで今回は「太って見せないニット攻略法」を伝授。着膨れを回避して秋のニットスタイルを思いっ切り楽しみましょう♪

※こちらの記事では、あくまでコーデの参考としてスナップを選定しています。

テクニック1:「濃いめカラーのボトム」で引き締める

着膨れしないテクニック1点目は「濃い色のボトム」で引き締めること! ニットの中でもホワイトやベージュは着膨れが心配ですよね。チャレンジするのが不安……という方も、まずは濃いめカラーのボトムと組み合わせてみてください。色に引き締め効果があるので、ニットの着膨れを難なく回避できますよ。

スナップのような黒スキニーパンツはまさに適任。ヒップや太もものラインをカバーしつつ、ひざ下に向かってスッキリ見えるテーパードパンツもおすすめです。

テクニック2:膨張色ニットは「ウエストイン」でメリハリを!

膨張色ニットは「メリハリ」を意識することが大切です! スナップのように少しだけでもトップスインしてみてください。ほっそり見せたいときには特に効果的。

とはいえ「トップスを中に入れるとお腹まわりがモタつく」と避けている大人も多い様子。しかしニットは、ただ着るだけではくびれがなくなり寸胴体型に見える恐れがあるアイテム。ボリュームのあるニットも、少しインするだけでメリハリが付き、簡単に細見えできますよ。

最近ではオールイン・オールアウトが注目されていますが、むしろ鏡を見たときにちょっとでも痩せて見えたらこっちのモノ♪ テンションが上がり、明るい気持ちになれるはずです。トレンドも着痩せもバランスよく取り入れるのがオシャレさんたるテクニックです♡

テクニック3:「重ね着」で気になる部分をカバー!

着膨れしないテクニック3点目は、「重ね着」で気になる部分をカバーすること! 短めのニットからシャツの裾が出れば、簡単にウエストの痩せ見えが狙えますよ。

スナップのようなニット&インナーのレイヤード風デザインなら、ただ着るだけで好バランスな重ね着スタイルが完成。忙しい朝にもすごく便利です♪

また細身のパンツを合わせて、メリハリを意識することもお忘れなく。今っぽいスタイルでありながら気になるパーツはちゃんと隠せて、ほっそり見える着こなしが叶います。

テクニック4:「ボトムと靴」を色で繋げる

ニットの着膨れ防止テクニック、最後にご紹介するのは「ボトムと靴の色」を合わせること! 下半身を同じような色で繋ぐとスッと縦長に見えるため、脚長効果も期待大。さらにはボトムと靴が馴染み全体がまとまった印象になるので、着痩せとオシャレの両方が叶えられます♡

スナップのようにベージュ&ホワイトで下半分を安定させれば、どんな色のニットでも浮かずに合わせられますよ。コーデを組むのもグッと楽になるはずです。

The following two tabs change content below.

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。